マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

全国の専門家コラム一覧
:パーソナルカラー 診断RSS

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

パーソナルカラーとは、その人が生まれながらに持っている、肌の色や髪の色、あるいは瞳や唇などの色と雰囲気が調和する、いわゆる似合う色を意味します。基本的に「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4つのタイプに分かれます。とはいえ単純にブルーが似合うからサマータイプだというような、色名での分類ではありません。ピンクひとつとっても、その人のカラータイプによって調和する色目や似合う色合いは異なってきます。自分のパーソナルカラーと調和する色を身に着ければ、その人の魅力が際立っていき、好印象を与えることができるでしょう。人によっては、「自分には〇〇のような色は似合わない」というような苦手意識を持っている色もあるかもしれません。しかし、そんな苦手な色でも、その人のカラータイプにあった色合いを選べば、しっくりいく可能性はあるのです。あなた自身のパーソナルカラーを知ることで、さまざまなメリットがあります。自分に調和する色を身に着けることで、あなたの肌の透明感が増すこともあるでしょう。より健康的に見せることができる色合いもあります。洋服やコスメ系のショッピングでの失敗も確実に、減らすことができるでしょう。

4つの基本タイプ

スプリング

「スプリング」はイエローベースであり、ソフトタイプのグループです。春の花畑を連想させるような、元気が出るようなポップカラーが似合います。明るい色がよく調和するグループといえるでしょう。色素が薄めの感じで、キラキラと輝く瞳が特徴です。 肌の色は明るめのクリームベージュ、あるいは明るめの小麦色になります。

サマー

「サマー」はブルーベースのソフトタイプのグループです。夏の紫陽花を連想させる、ブルーがかったパステルトーンが似合います。 瞳は優しさと知性を感じさせるマイルドなイメージです。イエロー系のダークカラーを合わせると、顔が少々沈んで見えるかもしれません。 肌の色は、ほんのりとピンクを感じることができます。リップは、ベビーピンクやローズピンクがおすすめ。男性のネクタイをならブルーグレー系が似合うでしょう。

オータム

「オータム」はイエローベースの中でもハードなタイプです。秋の紅葉を連想させる渋目のグラデーションが似合うタイプいえるでしょう。落ち着いたイエロー系の深い色の瞳を持っているので、肌を健康的に見せてくれます。 肌の色は、イエローがかったベージュあるいは健康的な小麦色です。リップはベージュやトマトレッドはいかがでしょうか。オータムタイプの男性がネクタイを選ぶなら、マスタードやダークブラウンで決まりです。

ウィンター

「ウインター」は、ブルーベースの中でもハードタイプの分類になります。モノトーンやビビットな色目の服を着こなすことができるタイプです。目力があるのは白目と黒目がはっきりしているからで、クールでシャープなイメージです。 肌の色はピンク系で色白、あるいは赤みのない浅黒い肌です。似合うリップはディープピンクやアイシーピンク。ウィンタータイプの男性には、鮮やかなロイヤルブルーやアイシーグレーなどが調和します。

パーソナルカラーの自己診断

瞳の色で診断

瞳の色でパーソナルカラーを診断できます。ただし、多くの日本人はブラウン系で違いが微妙であり、判断が難しい面もあります。自分に近いもので考えましょう。 イエロー系のブラウンなら、パーソナルカラーはスプリングです。 マイルドな茶色や黒なら、パーソナルカラーはサマーです。 濃い茶色や縁なら、パーソナルカラーはオータムです。 ブラックで、白目は青みがかって透明感があるなら、パーソナルカラーはウインターです。

手首の内側の血管で診断

手首の内側に浮き出る血管を見て、パーソナルカラーが判断できます。このとき欠かせないのは、太陽光で確認することです。屋内の照明では正しく血管の色を確認できませんので、注意しましょう。 血管の色が青や赤紫なブルーベース(サマー・ウインター)です。緑やエメラルドグリーンのような緑青であればイエローベース(スプリング・オータム)となります。

唇の色で診断

唇の色からもパーソナルカラーを診断することができます。 明るい透明感のあるピンクであれば、パーソナルカラーはスプリングです。 淡く穏やかなピンクなら、パーソナルカラーはサマーです。 くすんだ落ち着きのあるオレンジなら、パーソナルカラーはオータムです。 赤や青みがかったピンクや赤であれば、パーソナルカラーはウインターです。

髪の色でも診断できる?

髪の毛の地毛の色を確認してみたり、染めている人は元の色を思い出したりすることで、パーソナルカラーを診断する方法もあります。また、髪質からも判断は可能です。 現在のカラーリングが「似合っていないかも」と感じているのなら、ここで自分のパーソナルカラーを認識して、あなたをより引き立てる髪色を選ぶことができるでしょう。

髪の色での診断の目安

髪が明るい茶色だったり柔らかく細い髪質だったりすれば、パーソナルカラーはスプリングです。 髪が赤みのある茶色や灰色に近いブラックであったり、毛が細い髪質やマットで軽い髪質だったりすれば、パーソナルカラーはサマーです。 髪が暗い茶色で、髪質にコシがあるなら、パーソナルカラーはオータムです。 髪が暗い赤茶色や真っ黒だったり、ハリやコシがありツヤもあったりするなら、パーソナルカラーはウインターです。

肌の色を見で診断

肌の色からパーソナルカラーを見分ける際には、できるだけ日に焼けていないところを確認しましょう。 また、日に焼けた後に肌の色が変化する様子でも診断することができます。 黄色みがかった肌や、日焼けすると肌が黒くなる場合なら、パーソナルカラーはイエローベース(スプリング・オータム)です。ピンクに近い色白な肌の場合や、日に焼けて赤くなる場合はブルーベース(サマー・ウインター)です。

みんなの声

JIJICO記事一覧
:パーソナルカラー 診断

編集部が独自の視点で時事問題をピックアップ。さまざまなジャンルの専門家による「解説」「お役立ち情報」をお届けします。