婚活デート!1カ月での告白は早い?OKをもらうための成功の秘訣

清水小百里

清水小百里

テーマ:お見合いデート術

一般的に、結婚相談所では、紹介されたお相手との交際期間は3カ月ぐらいで、出会いからプロポーズまでは約6カ月という流れが主流です。

自然な出会いで結婚に至るカップルよりも交際期間が短い理由は、恋愛ではなく結婚を目的として婚活をしているからです。

お相手と結婚するためには、数回のデートを経て結婚の意思を決めていく必要があります。
ここでは、結婚を前提としたお付き合いを告白する時の注意点についてお話しします。

婚活相手への「告白」のタイミングはいつがベスト?

結婚相談所を利用してお見合いをして、そのお相手と結婚を前提とした交際を希望する場合、目安として3カ月(10回ぐらいのデート)が「告白」のベストタイミングと言われています。

ここで言う「告白」とは、「結婚してください」とプロポーズすることではありません。「告白=結婚」ととらえがちですが、婚約ではなく「真剣に交際したい」という意味です。

お見合いの時は「婚活相手」でしたが、告白してお相手がOKすれば、その日から「彼氏・彼女」という関係になったと考えるとよいと思います。その日から、二人の恋愛が始まるというわけです。

3、4回目以降のデートでは、今までよりも少し長めの時間を一緒に過ごすようにしてみましょう。王道は観光やスポーツ観戦、ショッピングなどに食事を組み合わせたコースです。

屋外で真剣交際したいと告白

男性から結婚への思いを伝えるのがベター

男性、女性のどちら側から告白してもいいのですが、一般的には男性側から告白する方が好ましいと考えられています。

告白は、ただのおしゃべりとは違って緊張するものです。なかなか切り出せずに、デート中も会話を楽しむことができなくなってしまうこともあるでしょう。

このような気持ちは誰にでもあるので、婚活を始めた時の気持ちを思い出して、勇気を出して前に進みましょう。

デートを重ねているあいだも、LINE(ライン)などでコミュニケーションを取ると思いますが、告白すると決心したらさりげなく「素敵な人と出会えてうれしく思います。次に会えるのが楽しみです。これからもふたりで、良い時間を積み重ねていくことができればと思っています」など、気持ちを伝えておくのもいいでしょう。

告白する場所やシチュエーションは?

デート中、いつどこで告白したらよいのかわからない人は、次のような場所やシチュエーションを設定しておきましょう。

【例1:個室での食事デート】
完全な個室である必要はありません。まわりの人の声が聞こえにくい、自分たちの会話がまわりに聞こえないぐらいの席がいいでしょう。
席数が多く、隣のテーブルと距離が近い店よりも、席がゆったり配置された落ち着いたレストランなどがおすすめです。
告白のタイミングは、食事が一通り終わった頃がおすすめです。

【例2:景色がきれい、2人が落ち着ける静かな屋外でのデート】
夜景が美しい、カップルに人気があるデートスポットなどは告白する方もされる方も、心の準備が整いやすくなります。
近くに人がいなくて、2人の会話が聞こえないタイミングで告白します。

どんな言葉で気持ちを伝えるのか悩む人も多いと思います。結婚相談所を通じた婚活の場合、今後、結婚に向けて真剣交際へと進めていくかどうかが決まるので、「結婚を前提に、私とお付き合いしていただけますか?」と、相手に自分の気持ちを伝えましょう。

告白

「告白」までのデート。こんな行動はNG

それまでのデートやLINE(ライン)などのやり取りで二人の距離も縮まっていると思っていても、自分とお相手の気持ちに温度差が生じている場合もあります。

お相手とのデートで気をつけるべき点について見ていきましょう。

(1)忙しすぎるデート
予定を詰めすぎて、絶えず時間に追われていませんか?
プランをたてた方は、短い時間で充実した時間を過ごすことに気を取られて、相手が心から自分とのデートを楽しんでいないことに気づかないこともよくあります。

真面目な人ほど、こういった傾向が強くなります。少し予定が狂っただけなのに、イライラを爆発させてしまうなんてことのないようにしましょう。

全くノープランで、ダラダラ過ごすのも考えものですが、デートは「お互いを知る」ためにあるものだということを忘れないようにしてください。

(2)自分のやりたいことだけをするデート
映画も食事も、全て自分の好きなものを選ぶ人は「自己中心的な人」と思われて、距離をおかれてしまいます。
仮に相手が、「お任せします」「何でもいいです」と言ったとしても、「それでは、和食とイタリアンとどちらがいいですか?」というように、相手に選んでもらえるような気づかいもしましょう。

(3)結婚観や価値観をやたら話す
例えば、「私は次男で、長男が母の近くに住んでいます」「結婚した後も、働いてもらってかまいません」「私の年収は○○万円です。持ち家はありません」「子どもは、ずっと国公立に通わせたい」など、相手の性格を知る前から、結婚後の具体的な話ばかりをして、相手のことも聞きたがる人は、「条件がすべて合えばOKなの?それだけしか見ていないの?」と敬遠されてしまいます。

何気ない会話の中で少しずつ尋ねるか、どうしても早く知りたいなら、本人よりも結婚相談所の仲人カウンセラーから教えてもらうようにしましょう。

(4)高額のプレゼント
真剣交際も決まっていない時に、ブランドバッグのような高価なプレゼントをすると、お相手にプレッシャーを与えるだけでなく、かなりの確率で「お断り」されます。

また、選んだプレゼントが相手の趣味に合わないこともよくあります。つきあい始めたばかりの頃はデートの費用もアンバランスにならないよう、気づかいをしてください。

(5)婚前交渉
結婚相談所を利用した婚活では、正式に交際をするまでは「お泊まり」や「旅行」などは禁止です。これは、不誠実な目的で相談所を利用することを防ぐためのルールでもあります。

3回目のデートで自分の気持ちを伝えるのは問題ありませんが、相手の気持ちを確かめず、思い込みで行動しないように十分に気をつけましょう。

【無料!婚活診断】


婚活診断マイベストプロ

【関連記事】
≫≫ 仮交際終了の連絡が…気遣いができない男性こんな特徴で振られる
≫≫ 仮交際3回目デートプランを考える!3密回避のデートおすすめ場所
≫≫ 仮交際1回目~仮交際2回目の現況現状に合ったデート事情を解説
≫≫ 仮交際のデート目的は話すこと楽しいだけでは真剣交際にならない
≫≫ 婚活デート2回目食事で仮交際お断りされた男性のデート食事マナー

【婚活応援】
男の婚活 応援プラン|一定の入会条件満たせば初期費用50%OFF

【結婚相談所KMA紹介動画】


【WEB面談予約・来店予約】
無料相談の予約はこちら≫≫ 無料相談・予約システム(いつあき・ITSUAKI)

【オフィシャルサイト】
1979年創業、安心と実績の結婚相談所をお探しの方は、ぜひホームページもご覧ください。
≫≫ 埼玉県さいたま市の結婚相談所・婚活なら株式会社KMA

リンクをコピーしました

Mybestpro Members

清水小百里
専門家

清水小百里(認定婚活カウンセラー)

IBJ正規加盟店 LGBTQ+結婚相談所 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある、創業46年になる老舗の結婚相談所です。異性間の結婚はもちろん、性別やセクシュアリティにとらわれず、真剣なパートナーを探す人々のための縁結びサービスも提供しています。

清水小百里プロは朝日新聞が厳正なる審査をした登録専門家です

関連するコラム

プロのおすすめするコラム

コラムテーマ

コラム一覧に戻る

プロのインタビューを読む

さいたまで信頼を第一に、成婚に導く認定婚活カウンセラー

清水小百里プロへの仕事の相談・依頼

仕事の相談・依頼