マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. マイベストプロ TOP
  2. 住宅・建物
  3. リフォーム・内装工事の専門家

[リフォーム・内装工事]の専門家・プロ …397

全国のリフォーム・内装工事の専門家・コンサルタント

(全397人)

昨今では住宅コストを抑えるために立地の良い中古マンションを購入してリフォームする。子供が巣立ち部屋数を減らして広めのリビングでくつろぎたいなど、ライフステージの変化に応じた内装工事やリフォームが多用されています。リフォームといってもスケルトン方式といわれるように壁や天井をすべて無くしてリフォームを行うものから床の張替え、トイレやお風呂の入れ替えリフォームなど大小さまざまです。また、高齢化社会の進む現代において、バリアフリー住宅や将来を見据えた太陽光発電へのリフォームを検討する方も多くいらっしゃいます。「おしゃれな和モダン風の内装に仕上げたい」「キッチンを入れ替えたい」「費用をできるだけ抑えたい」など、どのような規模のリフォームをいくらくらいで仕上げたいか?により相談先は異なってきます。リフォームや内装工事の相談先は一級建築士、建築士、工務店、大工、住宅販売会社を含めた不動産コンサルタントが一般的です。要望には添えなくとも素材や器具メーカーなどを変えれば実現可能なこともあるかもしれません。専門家の知見やノウハウで、自分の理想とするリフォーム像に近づくことが可能です。専門家のプロフィール、事例などから探してみてください。

1~15人を表示 / 全397

悩み解決事例

水回りのリフォーム

キッチンやトイレ、洗面台、浴室などの水回りは利用する頻度が高く、日常生活に欠かせない設備です。このような設備は快適な住まいを保つために、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスをしていなくても問題なく使えるように思えますが、普段見えない構造部分が腐食してしまうと、思ったより大掛かりなリフォームが必要となる場合があります。ライフスタイルの変化に合わせて、定期的に点検を行うことが長持ちさせる秘訣です。

クロス(壁紙)張り替え

クロス(壁紙)は、綺麗に保っているつもりでも、経年劣化によって変色や剥がれを起こしてしまいます。壁紙は部屋の大部分を占める重要な要素なので、張り替えるだけで部屋の印象は大きく変わります。それぞれの部屋に適した壁紙を選ぶことで、過ごしやすい空間を作ることができます。例えば水回りであれば結露やカビを防ぐクロスを使用したり、子ども部屋であれば汚れても掃除しやすいクロスにするなど、必要に応じてカスタマイズすることができます。

間取り変更

子どもが生まれたり、または巣立っていったなどの理由で、今までの住居の間取りを変えたくなることがあるでしょう。例えば広くしたい場合には、部屋の壁を取り壊して1つの空間にすることで、全く異なる印象の広々とした間取りに変えることができます。建て替えなくても現状の間取りを一工夫するだけで、お部屋の内装は見違えります。

バリアフリー

高齢化社会が進む中で、住宅をバリアフリー化させるためのリフォームは欠かせません。高齢者にとっては、階段に手すりがあるかないかで上り下りの安全性は大きく変わります。また、建物内の温度差による「ヒートショック」を防ぐため、断熱、調湿効果の高い設備を施すこともバリアフリーにつながります。このように、リフォームによってより身体にやさしい住まいに変えていくこともできます。

太陽光システムの設置

再生可能エネルギーは、震災や災害の多い日本で注目を集めています。一般的には屋根にソーラーパネルを設置しエネルギーを自給自足できることによって、災害時の不安を軽減できるだけでなく、自宅で発電して余った分の電気を電力会社に売ることも可能になります。地域によっては補助金などを出していたりもしますので一般的なコストよりも割安での設置が可能なケースもあります。

リフォーム基礎知識

リフォームとリノベーションの違い

一般的にリフォームとは、古くなった建物を新築の状態に回復させることを言います。日本での「リフォーム」は建物の経年劣化によって状態が悪くなった一部分を、新品同様に回復させることを意味するため、キッチン設備の一新や、壁紙の張替え、水回りの修繕などがあたります。リフォームと同等に扱われる言葉として、リノベーションがありますが明確な定義の違いはありません。しかし、リノベーションは売買や賃貸契約を行う際に、住宅そのものの価値向上を目指すために行われることが多く、その建物全体の包括的な改修でかつ規模が大きいケースが多いです。

メリット

建て替えに比べると、「引っ越しや仮住まいの必要がない」「工事期間が短くて済む」「予算を合わせやすい」の3つを挙げられます。慣れ親しんだ家に住まいながら改修が可能でかつ建て替えに比べれば工事期間は短く済みます。改善したい、手に入れたい住環境に対してほかの条件(予算、デザイン、改修箇所など)との見合いで柔軟に対応できる点がリフォーム最大のメリットだと思います。

デメリット

新築住宅購入との比較にはなりますが、ローン対象とする場合金利が高く、ローンが組みにくい点。間取りの大幅な変更や水回りの設置場所などの変更ができない点が挙げられます。家の基礎部分となる部分までのリフォームとなるとリノベーションの範疇となり大幅なコストと工事期間ががかかってしまいます。

みんなの声

この分野の専門家が書いたコラム

30年の経験と元伝統建築の大工そして一級建築士の目で建築トラブルを未然に防ぐ専門家

30年の経験と元伝統建築の大工そして一級建築士の目で建築トラブルを未然に防ぐ専門家

 そろそろリフォームするか!!  「子供も外に出ていったし、ここらでリフォームして気分を入れ替えるか!!」リフォームを考える始まりはいろんな状況の変化や差し迫った理由、例えば雨漏れや寒さ対策などがはじまりです。リフ...

今日は長野で玄関タイル目地の油シミの補修、リペアでした。

今日は長野で玄関タイル目地の油シミの補修、リペアでした。

2020-09-30

住宅のキズ、不具合、劣化、汚れ等でお困りの事ありませんか? 家具等のキズ、汚れ、破損等でお困りの事ありませんか? お車の内装のキズ、劣化、汚れ等でお困りの事ありませんか? もしもお困りでしたら、業者様、個人のお客...

会社案内 インタビュー 九星気学編

会社案内 インタビュー 九星気学編

 瀧口建設会社案内ビデオを作っていただきました。  弊社にとって なぜ、九星気学を取り入れているのか、入口スタートの話が、 綺麗に、まとめられています。どの様な、思いで、家造りに取り組んでいるのかも、 見えてく...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

将来人口推計から見る居住用不動産投資のゆくえ

将来人口推計から見る居住用不動産投資のゆくえ

2018-01-03

相続税

不動産投資に関して将来の人口推計から住居用の不動産投資をどのように考えるべきか、長期的な視点でどういうポイントに着目すべきか考察してみました。

もうすぐ年末!輸入壁紙でプチリフォームしてみませんか?

もうすぐ年末!輸入壁紙でプチリフォームしてみませんか?

2017-12-16

DIY

大掃除は模様替えのチャンス。発色や柄に優れた輸入壁紙を使って、プチリフォームを楽しんでみましょう。壁紙選びや施工のコツ、予算などをご紹介します。

賃貸アパート増加の背景と問題点について

賃貸アパート増加の背景と問題点について

2017-08-12

相続税

相続税対策などの理由から賃貸アパート建築が増加中。人口減が続いている日本において、需要予測や立地条件を見極めないと、後々空室率悪化に悩むことに。