マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. 消費者トラブル・被害相談の専門家

[消費者トラブル・被害相談]の専門家・プロ …30

全国の消費者トラブル・被害相談の専門家・コンサルタント

(全30人)

日本各地に事務所を構える「消費者トラブル・被害相談」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

1~15人を表示 / 全30

この分野の専門家が書いたコラム

2020/7/4 親睦の重要性と効果

2020-07-04

親睦の重要性と効果 ロータリークラブに入会する目的の多くは、親睦にあるのではないかと思う。 今日は、親睦の驚くべき効果ついて、ある歴史的事実を紹介する。 1941年といえば、イギリスとソ連とが連合国側に立って、ナチ...

観念と概念の違い

2020-07-04

【観念と概念の違い】 観念とは、物事に対してもつ考えをいう。「時間の観念がない」などで使われる。より詳しくいえば、「人間が、意識の対象について持つ、主観的な像や心に残る印象をいう。 一方、概念とは、物事の概括的な...

2020/7/3 ロータリーの歴史を概観

2020-07-03

2020/07/03 ロータリーの歴史を概観 ロータリークラブは、1905年アメリカのシカゴで弁護士をしていたポール・ハリスが、仲間数人と作ったクラブである。 仲間は、一業種からは一人しか選ばず、ロータリークラブの...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

マイナンバーと個人の銀行口座のひも付け議論が加速。義務化で何が変わる?

マイナンバーと個人の銀行口座のひも付け議論が加速。義務化で何が変わる?

2020-06-08

マイナンバーと個人の銀行口座とのひも付けが義務化されるとどうなるのか、20年以上の金融実務経験を持つ弁護士の小川文子さんに聞きました。

自治体トップの「女性は買い物に時間がかかる」発言に違和感。男女間の無意識の思い込みが企業の人材活用にも影響?

自治体トップの「女性は買い物に時間がかかる」発言に違和感。男女間の無意識の思い込みが企業の人材活用にも影響?

男女間の偏った思い込みに違和感を抱く女性の声がSNSでも話題に。企業や組織の中で、個人の能力がもっと生かされるためには?弁護士・中小企業診断士の中澤未生子さんに聞きました。

プロレスラー木村花さん急逝 SNSの誹謗中傷に対して法的にできることとは

プロレスラー木村花さん急逝 SNSの誹謗中傷に対して法的にできることとは

2020-05-29

女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで、5月23日に死去したことをきっかけに、ネット上での中傷が大きな議論を呼んでいます。法的に対処できることとは。弁護士の半田望さんに聞きました。

他の地域から消費者トラブル・被害相談の専門家を探す