マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

JIJICO編集部ピックアップ記事

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

グーグルやフェイスブックなどが研修に取り入れるマインドフルネストレーニングとは?

近年、アメリカの先進的な企業などの研修では、集中力アップやストレス軽減方法の一つとして「マインドフルネス」が注目されています。心理セラピストの渡部典子さんに話を聞きました。

渡部典子

渡部典子さん

アメリカの博士号を持つ心理セラピスト

2020年4月小学校で「プログラミング教育」が必修化。役立つ論理的思考構築には家庭でのお手伝いも

2020年度に小学校、21年度に中学校で、22年度から高校電で導入される「プログラミング教育」。どんなことを学ぶのでしょう?そして、身につく力について塾講師の田中正徳さんに聞きました。

田中正徳

田中正徳さん

子どもの学力を向上させる教育のプロ

浜崎あゆみが出産後すぐに魅せたパフォーマンスは別次元?ママが人生のステージで輝き続けるためにできることとは?

女性トップアーティストの一人、浜崎あゆみさんが極秘出産していたことを明らかにしました。浜崎あゆみさんのように華麗な産後復帰をすることは可能なのでしょうか?産後ケアリストの川村美星さんに話を聞きました。

川村美星

川村美星さん

産後ママの心強いサポーターとしての産後ケアのプロ

介護予防のキーワードは「楽しく集える場を作る」こと。高齢化社会のいま、取り組むべきこととは?

高齢化が進む中、自治体などによりさまざまな介護予防の施策が実施されています。参加者の伸び悩みが課題になる一方で、多くの地域住民が集まり、介護予防への意識喚起に成功しているところもあります。その理由と事例について解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

広がる「黒字リストラ」 年齢が問題ではない?対象になるのはどんな人?

2019年「黒字リストラ」を実施する企業が増加。2020年も、この流れは続くようです。企業の動向と働く側が意識しておくべきことは。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

兵庫県明石市長の暴言再び 市長も取り組んだ「アンガーマネジメント」で怒りの正体と向き合い方を知る

兵庫県明石市の泉房穂市長の暴言再び。アンガーマネジメント受講の効果とは?アンガーマネジメントコンサルタントの谷川由紀さんに聞きました。

谷川由紀

谷川由紀さん

働き方改革支援・アンガーマネジメントのプロ

小泉進次郎大臣の育児休業で、企業や家庭など男性を取り巻く環境は変わるのか?

小泉進次郎環境大臣に第一子が誕生。出産前には、以前から検討していた育児休業を取得することを表明していました。日本では、なぜ男性の家事・育児参加が特別なことのように捉えられるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

学校危機管理の現状と課題。マニュアルに意味はあるのか!?

さまざまな事件が起こる近年。学校における危機管理はどのような対策が講じられているのでしょう。また、家庭や地域での取り組みなどはどのような変化が必要なのか、防犯コンサルタントが解説します。

神田正範

神田正範さん

犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師

朝風呂や朝のシャワーは自律神経のバランスに影響?入浴で気を付けるべき習慣とは

毎日仕事が忙しく、夜ゆっくり入浴できないという人、毎晩お付き合いが多くお酒を飲むため、お風呂は朝入るという人は多くいます。 でも、この習慣が体力低下を招く恐れがあるのです。その理由について解説します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

元農水事務次官が発達障害のある息子を殺害。悲劇を繰り返さないためにできること

2019年6月、元農林水産省・事務次官が長男を殺害した事件。同年の12月に実刑判決が言い渡されました。同じことが繰り返されないためにできることについて考えてみました

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す