マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. 不動産物件・賃貸の専門家

[不動産物件・賃貸]の専門家・プロ …98

全国の不動産物件・賃貸の専門家・コンサルタント

(全98人)

「結婚を機に新しく広めのアパートへ引っ越したい」「社会人になりひとり暮らしを始めたい」などさまざまなライフシーンで賃貸住居を探そうと賃貸不動産会社へ問い合わせる人、または転勤が決まり持ち家やマンションを賃貸に出したい、休眠不動産を賃貸に出したいと検討している人などは賃貸不動産に関する専門家へ相談し、アドバイスを求めることをお勧めします。相談先は賃貸不動産会社、不動産コンサルタントなどがメインになります。賃貸においてはその地域の治安や校区、地域近隣の特色なども把握している相談先が適しています。また、賃貸物件の管理や運営に関しては入居者アップのコツやメンテナンス、退去者を出さない方法など、不動産のプロなら悩みを細かくヒアリングしながら、利益を出すためにはどうすべきか具体的なアドバイスをしてくれるでしょう。

1~15人を表示 / 全98

不動産管理・賃貸の専門家

不動産コンサルタント

不動産コンサルタントなら、休眠不動産を賃貸や駐車場にしての運用方法など状況に応じた最適な提案をしてくれます。例えば「転勤が決まりマンションを賃貸に出そうか悩んでいる」「親から相続した土地や建物の活用方法がわからない」という方は、不動産コンサルタントに相談すれば解決策が見つかるでしょう。依頼者の利益になるアドバイスを行います。状況によっては売却なども含めた総合的な提案が可能です。

不動産管理

不動産管理は入居率アップ、退去清算、メンテナンスの対応が重要です。「維持管理について悩んでいる」「入居者からのクレーム対応について詳しく教えてほしい」という不動産オーナーの方にとって、不動産経営の頼もしいパートナーとなってくれるでしょう。入居者募集だけに力を入れることなく、退去者を出さないために入居者の満足度を上げる方法を、長年培ったノウハウを使って提案してくれます。

宅地建物取引士

不動産取引の専門家として、土地や建物の売買、賃貸物件を紹介してくれます。物件についてはメリットだけではなく、デメリットもしっかりとお伝えしたうえで、お客さま目線を忘れない提案をしてくれるでしょう。賃貸物件選びについては優先順位を決め、要望に沿ったを不動産を中心に、少し条件を変えた物件などの紹介も含め、お客様の悩みに耳を傾けながら、最善のアドバイスを行います。

不動産賃貸に関するお悩み

入居率をアップさせたい

入居募集は大切ですが、退去者が多い状況が続くと入居率はアップしません。例えば設備の修理、トラブルなどは、対応が遅くなると入居者の不満につながり、退去原因となります。退去者が続出すると、空き家対策のリフォーム代や入居募集の広告費など、オーナーのコストが嵩んでしまいます。退去者が出るのを防ぐためには、入居者の満足度を上げることが必要です。入居者に喜んでもらい、「住み続けたい」と思ってもらえる不動産管理を目指すためにどのようにメンテナンスをしていくかなどアドバイスをしてくれます。

相続不動産の活用について相談したい

「親から存続した土地の活用方法がわからない」「子どもは家を持っているので、所有するマンションの相続について悩んでいる」という方は多くいらっしゃいます。相続は人生で何度も起こることではないため、早い時期から専門家に相談すると安心でしょう。貴重な資産を有効利用するために、「売却がいいのか」「賃貸収入で活用すべきか」など、資産活用のプロなら適切なアドアイスをしてくれます。不動産相続で問題になりやすい「存続税」「固定資産税」などの税金関係の情報も含めて、お客さまの利益になるプランをご提案し、要望に合わせた問題解決を行ってくれるでしょう。

不動産投資の相談をしたい

「不動産投資に興味があるけど、はじめ方がわからない」「損をするのが怖い」というお悩みを持つお客さまは、専門家に相談すると良いでしょう。これまでの経験やノウハウを用いて、適切なアドバイスを受けることが出来ます。購入後の行動で大きく結果が変わるのが不動産投資です。「成功するオーナー」と「失敗するオーナー」は、物件を購入したあと自ら行動を起こしているかどうかで決まります。投資額を抑えて効率よく運用するコツをわかりやすくお伝えする他、手続きや交渉など、「専門的すぎてよくわからない」といった業務についても対応してくれます。

持ち家と賃貸のどちらを選ぶべき?

転勤の可能性があるお仕事をしている方は、「持ち家と賃貸のどちらを選べばいいのだろう?」という悩みを抱えているのではないでしょうか。 例えば専門家に「マンションを購入したいが、転勤が不安で迷っている」と相談したら、転勤時は賃貸に出すことも視野に入れたうえで、借り手がつきやすい物件購入を提案してくれるでしょう。 持ち家と賃貸のどちらを選ぶべきかは、仕事や家庭環境、ライフプランによって異なる選択です。丁寧にヒアリングを行い、お客様にとって最善の選択ができるようしっかりサポートしてくれます。

みんなの声

この分野の専門家が書いたコラム

ベビーフォト撮影会&FPライフプラン相談会 紹介動画

2020-09-28

ベビーフォト撮影会&FPライフプラン相談会 紹介動画 http://www.fp-sumai.jp/3771/ #ベビーフォト #ベビーマッサージ #ファイナンシャルプランナー #ライフプラン #未来ふくらむ相談会...

物件選びのポイント【ハウスメーカー編】

 本日は物件選びのポイントということで「ハウスメーカー編」ということで、皆様にお伝えしていきたいと思っております。 弊社村建地所はほぼ7割8割くらいで、ハウスメーカーさんの方から土地の無いお客様の依頼ということで、...

○残存価値は1円?原状回復ガイドライン○

2020-09-28

 経過年数を超えた設備等の扱いは?  ちょっと一息しませんか? ●「原状回復ガイドライン」 耐用年数と残存価値 国土交通省 原状回復ガイドラインでは、耐用年数経過時点で残存価値が1円となる設備を想定しています...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

将来人口推計から見る居住用不動産投資のゆくえ

将来人口推計から見る居住用不動産投資のゆくえ

2018-01-03

相続税

不動産投資に関して将来の人口推計から住居用の不動産投資をどのように考えるべきか、長期的な視点でどういうポイントに着目すべきか考察してみました。

賃貸アパート増加の背景と問題点について

賃貸アパート増加の背景と問題点について

2017-08-12

相続税

相続税対策などの理由から賃貸アパート建築が増加中。人口減が続いている日本において、需要予測や立地条件を見極めないと、後々空室率悪化に悩むことに。

持ち家の方でも知って得する省エネ住宅への大きな流れ

持ち家の方でも知って得する省エネ住宅への大きな流れ

2017-03-07

最近、省エネ性能をうたった住宅広告を見る機会が増えました。補助金や税優遇制度などがその後押しをしていますが、なぜ国が省エネ住宅を推進しているのでしょうか?専門家がその背景と方向性を解説します。