マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. 就活・就職の専門家

[就活・就職]の専門家・プロ …24

全国の就活・就職の専門家・コンサルタント

(全24人)

就活・就職に関する相談は「人材コンサルタント」「キャリアコンサルタント」「人材育成講師」「人材コーディネーター」「転職エージェント」といった専門家に相談することができます。例えば「優秀な外国人を採用したい」と考える企業であれば、外国人採用に特化したキャリアコンサルタントに相談する、社内の制度や就業規則に関して相談したい場合には労務人事管理の分野に強いコンサルタントも存在します。就活・就職は就業者側、求人企業側双方に対してのニーズなどに対して中立的、かつ普遍的な視野と意見が必要になります。採用母数が集まらない企業には採用広告を。そして採用フロー自体を見直さなければ解決できないケースなども見られます。求職者側にとっては企業の内情や就職事情をよく知っている専門家の意見に耳を傾けることによって企業とのミスマッチなど防ぐ一助になることでしょう。専門家の豊富な経験やノウハウをもとに就活・就職の課題解決へ一歩踏み出してみてください。

1~15人を表示 / 全24

就職・就活の専門家

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、顧客の転職活動を支援することが主な仕事です。それだけではなく、社員・従業員のキャリアに関する相談対応・アドバイスも行います。従業員のモチベーションアップ、適正部署診断など従業員一人ひとりに目を向け改善策を取ることで、作業効率アップや業績向上に繋がります。また、職業選択に関するアドバイス、職業能力を磨く研修や指導で社員それぞれのスキルアップをサポートします。適性や能力にあった業務など、より作業効率やモチベーションが上がる方法を提案し、自社の社員・従業員のケアを行ってくれます。

講師

高度な知識と豊富な経験をもとに、社員がより活躍できるよう専門分野でのスキル向上や資格取得をサポートします。会社が講師を招いて研修を行うケース、会社からの指示で講師が開催している勉強会に行くケースなど、講師に教わる機会はさまざまです。例えば新入社員に向けたビジネスマナー研修や、エンジニアに向けたプログラミングの研修、マネージャー職に向けたマネジメントの研修など、企業のニーズに合わせて様々な講師が活躍しています。研修時にはスキルアップの方法、具体的な勉強法、現場で役立つテクニックやメンタル強化など、一人のビジネスマンとしても、より働きやすくなるように教えてくれます。

社会保険労務士

「社労士」と略されることも多い職業です。国家資格で、社会保険と労務に関するプロフェッショナル。高度な知識が必要となります。社会保険や労務に関する手続きの代行だけでなく、法定帳簿の作成や労務コンサルタントも仕事の一環です。総務・人事が担当する手続きの代行依頼をすることが可能ですし、労基上必須となる法定帳簿も正確なものを作成してもらうことができます。人事労務に関するトラブルや悩みにも対応し、人材育成カリキュラムや給与・評価に関する相談も請け負っています。

産業カウンセラー

社員・従業員一人ひとりのカウンセリングを担ってくれるのが、産業カウンセラーです。社内の人間関係に悩んでいる社員、仕事をうまく進められないなどの業務上の問題で精神的に弱っている社員、若い社員のキャリアパスなどの相談にのり、メンタルヘルスをケアします。このほかにも、個別カウンセリングだけでなく、経営陣へのアドバイス、管理職へのメンタルヘルス研修や部下からの相談対応の仕方なども指導することができます。

企業の相談事例

新卒の研修制度を構築したい

新卒採用が激化するなか入社した社員をいち早く即戦力に育て上げるためには、OJTも大事ですが一律に社会人としてのマナー、ロジカルシンキングなどの体系的な教育システムを導入することは重要です。また、仕事別、企業の業態や制度に合わせた研修をカスタマイズして提供してくれる講師も存在します。最近では通りいっぺんとうの座学ではなく、グループワーク、特殊な環境下でのコミュニケーションで学ぶなど研修の目的を明確にしたうえで設定する傾向があります。

外国人採用をしたい

人口減少・少子化に伴い、新たな人材確保が難しくなりつつあります。新たな人材が確保できなければ、将来を見据えた人材育成も効率がダウンし、会社や企業の成長に歯止めをかける要因になりかねません。そこで、外国人向けの日本国内就労ビザ発行の緩和をきっかけに、優秀な在日外国人の雇用への注目が増しています。外国人を紹介できるコンサルタントなら、外国人材の募集方法・採用するにあたって改善すべき職場環境・コミュニケーション方法、マニュアルの提案などをサポートしてくれます。

障がい者採用をしたい

地域貢献・社会貢献のために障がい者採用を進めたい企業は増えています。しかし、障がい者の雇用は適性や可能な業務レベルなど、雇うためには考慮すべきデリケートな問題もあります。こういった問題は、専門知識を持った専門家にアドバイスを求めることができます。障がい者就労支援経験がある講師・コンサルタントに依頼することで、環境整備や社内の共通認識を育むことに繋がります。

みんなの声

この分野の専門家が書いたコラム

一般社団法人在日外国人就業者支援協会を設立しました!!!

一般社団法人在日外国人就業者支援協会を設立しました!!!

KUROFUNE株式会社の関連会社として、 「一般社団法人在日外国人就業者支援協会」を新しく設立しました。 今までは「在日ベトナム人就業者支援協会」「在日フィリピン人就業者支援協会」など、任意団体として外国人を...

【新サービス】24時間対応の生活相談サービスをスタートしました!!

【新サービス】24時間対応の生活相談サービスをスタートしました!!

在日ベトナム人就業者支援協会の新サービスとして 「24時間対応相談サービス」をリリースしました。 https://viet-association.jp (在日ベトナム人就業者支援協会のHP) 日本に来たばか...

困った人だけが困る世の中

困った人だけが困る世の中

2020-09-20

時間の合間に、家賃給付金申請を行っていました。 返事を待って二か月以上。 修正依頼が来たので、コールセンターに連絡をしたところ、 結局は、申請を断念することになりました。 家賃給付金申請の際に、国が指定した様式に...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

信頼を取り戻せるか?「マック苦情受付アプリ」の評価は

信頼を取り戻せるか?「マック苦情受付アプリ」の評価は

2015-03-17

来店客減少が続いているマクドナルドが、信頼回復のために苦情や要望を受け付けるスマートフォン向けアプリの配信を発表。しかし、必要なのは新たな取り組みではなく、基本行動を現場に浸透させることだと専門家。

他の地域から就活・就職の専門家を探す