マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

[修繕工事]の専門家・プロ …167

全国の修繕工事の専門家・プロ

(全167人)

日本各地に事務所を構える「修繕工事」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

1~15人を表示 / 全167

この分野の専門家が書いたコラム

外壁のひび補修工事

外壁のひび補修工事

2020-01-25

DIY

 外壁のヒビの補修  お客様より外壁に少しヒビが入ったので補修をお願いしますとの依頼がありました。 伸び縮に対応した塗料を塗布し補修をしました。 今回は簡易な補修ですのでまた数年後に同じ場所がヒビ割れる可能性も...

【浜松】ドローンを使って屋根の点検・お見積りができるようになりました。内山建装

【浜松】ドローンを使って屋根の点検・お見積りができるようになりました。内山建装

2020-01-21

こんにちは。久しぶりの更新となりました。 以前SNSの投稿で、内山建装はドローンを導入しますと宣言しました。 年末には講習・申請も済み、実際の点検・お見積りで使用可能になりました。 ドローンで撮った屋根の画像をご覧...

漏水について

漏水について

こんにちは。 今回は漏水を放置しておく事の 危険性について書いてみます。 この写真は二階の廊下に設置された洗面化粧台を外したところです。 お客様から御相談を受け点検してみると、洗面化粧台の水栓の接続部分から水が...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

9万人の大工が不足する2020年問題とは? 

9万人の大工が不足する2020年問題とは? 

2019-08-21

働き方改革

2020年には需要に対して9万人もの大工が不足する事態になると予想されています。なぜ大工人口は大幅に減少しているのでしょうか?その実情について現役の大工が解説します。

わが家の床下にカビ、基礎断熱工法のメリット・デメリット

わが家の床下にカビ、基礎断熱工法のメリット・デメリット

2015-04-23

住まいにまつわるトラブルのひとつにカビの発生がある。住宅の基礎部分に断熱を施す「基礎断熱工法」は吸熱に優れているが、床下が外気と遮断された状態になるため通気が不十分で湿度が上がる可能性も。

データ改ざん「免震ゴム」は一般住宅に不向き?

データ改ざん「免震ゴム」は一般住宅に不向き?

2015-04-04

東洋ゴム工業の性能データ改ざん問題で、床下に隠れていた免震装置が脚光を浴びた。建築物の損傷を抑える免震構造は、ビルやマンションのほか住宅建築にも広がりつつあるが、軽量な住宅に採用の場合は十分な配慮を。