マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

[家族・夫婦問題]の専門家・プロ …65

全国の家族・夫婦問題の専門家・プロ

(全65人)

日本各地に事務所を構える「家族・夫婦問題」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

1~15人を表示 / 全65

この分野の専門家が書いたコラム

企業セミナー 人材育成は肯定から

企業セミナー 人材育成は肯定から

良いところを探すということから始めましたね。 次にすべきところは、良いところは伸ばし… 出来ないことは、修正する。 天使と悪魔の使う順番を間違わないでください。 題名通り、肯定(天使)から始めてください。 ...

弱さは強さの裏返し

2020-01-28

これまで色んな女性を見てきて、女性って年齢はあまり関係ないと言う事を日々感じています。 若くても、しっかり世の中を見てる人がいて驚くことがります。 反面50歳、60歳過ぎても、世の中が見えてない妻もいます。 しかし...

タイミングよく行動する3つのコツ〜心の整え方〜

タイミングよく行動する3つのコツ〜心の整え方〜

こんばんは。 心理・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント& 音楽療法士の徳田幸絵です。 ・・・ この記事では「タイミングよく行動したい」と感じている方に向け おすすめする「タイミングよく行動する3つのコツ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

元農水事務次官が発達障害のある息子を殺害。悲劇を繰り返さないためにできること

元農水事務次官が発達障害のある息子を殺害。悲劇を繰り返さないためにできること

2019年6月、元農林水産省・事務次官が長男を殺害した事件。同年の12月に実刑判決が言い渡されました。同じことが繰り返されないためにできることについて考えてみました

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

2019-12-08

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく行政、企業ともにさまざまな取り組みを行っています。発達障害を持った人と仕事をしていく上でどのようなことに気を付けるべきかについて紹介しています。