マイベストプロ佐賀
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ佐賀
  3. 佐賀の趣味
  4. 佐賀のパソコン修理・サポート
  5. 古賀竜一
  6. コラム一覧
  7. パソコン画面がテレビに映らない!そのわけは?テレビとPCモニタの特徴と違い

コラム

パソコン画面がテレビに映らない!そのわけは?テレビとPCモニタの特徴と違い

2020年6月20日 公開 / 2021年10月7日更新

テーマ:ITサポートの事例と実例

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: パソコン修理パソコントラブルパソコン修理 業者

テレビにパソコンの画面を映したい

●先日あった問い合わせですが、テレビをパソコンのモニターとして使おうとしてHDMIケーブルで接続したけれども映らない・・という相談がありました。最近、このような相談が多くなっています。というのもステイホームでパソコンを使う機会が増えたことが一因にあると思います。

●今では通販で32型のテレビがなんと1万円台で購入できてしまうという恐ろしい時代になっています。そこで、パソコンモニターの代わりに使えればテレビも視れてパソコンも使えるという一挙両得になるのではないか?という期待が出てきます。テレビの入出力には「HDMI」ポートがありますので、テレビとパソコンをHDMIケーブルでつないで使えるはずだということなのでしょう。

●しかし、今回の相談のようにHDMIケーブルでつないでもテレビにパソコンの画面が出てこない場合があります。何とかしてテレビでパソコン画面を表示しようとあれこれ苦心惨憺し、結局使えなかったという方も多いと思います。なぜ使えないのかというと、その大きな原因はテレビの仕様にあります。


PC画面を表示できるかどうかはテレビの対応次第

●テレビとパソコン用モニタは、基本的な構造はほぼ同じ仕組みの液晶モニタです。ですから、仕組みから言ってもテレビをパソコン用のモニタとして使用するのに大きな問題はありません。しかし、テレビの機種や仕様、対応条件によってできない場合があるのです。

●テレビの仕様自体がパソコンの映像出力に対応していない場合、どんなに頑張っても表示できません。特に古いテレビや格安のテレビはHDMIポートがあってもパソコン側の解像度などへの対応ができなかったりパソコンの映像信号を処理できない場合があります。取扱説明書の記載にHDMIポートで利用可能なデバイスとして、パソコンが記載されていない場合はほぼ対応ができません。


※テレビの取説にパソコン接続の説明や表記があれば対応可能

●パソコンとテレビのD-sub15のアナログポート同士なら表示が可能でもHDMIでは表示できない場合もあります。テレビのHDMIでパソコン画面を表示したい場合は、取説や仕様表にパソコン対応がしっかりと表記されているものであることを確認する必要があります。

●さらにテレビ側で表示可能な解像度も限られています。アナログ、デジタル問わず仕様書でパソコンから出力される解像度にテレビが対応しているか確かめる必要があります。

●また、テレビが最新型でも古いパソコンのHDMI規格では転送速度などの問題で高画質動画の再生などが対応できない場合があります。ならばということで新しいパソコンを用意してもHDMIケーブルの規格や長さ、品質といった部分で影響が出ますから高品位の高速転送用の専用ケーブルが必要になります。

●失敗のない接続には2Kや4K出力の場合具体的に、HDMI1.4以上または2.0以上のケーブルで10m以内のものが必要。それよりも長い場合は「スプリッタ」というブースト機能を持つ機器を導入するか光ファイバー方式のHDMIケーブルを検討したほうが良いでしょう。その際に格安品を選ばないことです。ある程度の品質も必要ですからどうしても高額になるのは仕方がありません。

●ですが、それでも10m以上になるHDMIケーブルは安定動作のためには避けるべきだと思います。根本解決はケーブル長を10m以内にとどめることから始めましょう。15mも20mも引っ張っておきながら映らない、安定しないと格闘するのは趣味でやる以外ではナンセンスです。


※アナログ対応しか表記にない場合はHDMIで使用できない

テレビはPC用モニタとして使うには難がある

●仮にテレビでパソコン画面を表示できたとしても、テレビの対応解像度が低い場合画面がざらついたりして画質が良くない場合があります。これはテレビとパソコン用モニタの違いが影響しています。テレビの解像度(画素数)や対応可能な入力解像度がとても低いことが多いためです。

●例えば、パソコン側に高解像度の出力対応があってもテレビ側の解像度(画素数)が1366×768で32インチだった場合、画素が大きいため画質が荒くアイコンが巨大化したりアイコンの周りがギザギザになって画質が悪くなってしまいます。



※仕様書でテレビ画面の解像度が低い場合、パソコン用としては難がある

●また、色合いもパソコン用モニタと違ってきれいに見えるような色設定になっています。ですからナチュラルな色彩が必要なパソコン上での画像やイメージの編集には向きません。さらに、ゲームや動きが激しい高フレームレートの動画、マウス操作などに遅延が発生することもあります。

●それ以外にもパソコンにスリープ機能などを設定すると、スリープの復帰時にテレビに画面が映らないということがあります。これは、PC側がテレビをハードウェアレベルで認識していないことがあるためです。PCモニターとの違いがこのような形で現れることがありますから、HDMI接続でもPCモニタとしてオールマイティーに使えるというわけではない場合があります。

テレビに代わる大画面のパソコン用モニタの選び方

●最近では大画面のPC用モニタもかなり安価になっていますので、できればパソコンで利用するならやはりテレビではなくPC用モニタをお勧めします。今、特におすすめなのが31.5インチで2Kのディスプレーです。コスパが非常に高く、画面は 2,560×1,440で応答速度は3ms。Full HDよりも1.7倍表示領域が広くとても使いやすくなっています。

●もっと安い31.5インチの格安ディスプレーがありますがほとんどがFull HD(1,920x1080)対応止まりなので単位ピクセルが大きく、すこしざらついた画質になります。2Kディスプレーなら4Kまではいきませんが価格と画質のバランス的には非常にコストパフォーマンス良く良好な画面環境になります。

●モニターは一度購入すると長年使うものですからできれば選択に失敗したくないですね。

九州インターワークス
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm

丁寧でわかりやすいITサポートをお求めならお役に立てます

専門用語が苦手な方でもITサポート専業ならではのわかりやすさと対応力で、ITトラブル解決を優しくアシスト。「それはできません」ではなく「このような考え方もあります」という提案型のサポートで納得とあんしんをお届けします。是非お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

古賀竜一

コンピューターサポートのプロ

古賀竜一(九州インターワークス)

Share

関連するコラム

古賀竜一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一

九州インターワークス

担当古賀竜一(こがりゅういち)

地図・アクセス

古賀竜一のソーシャルメディア

facebook
Facebook