マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. 刑事事件の専門家

[刑事事件]の専門家・プロ …25

全国の刑事事件の専門家・プロ

(全25人)

日本各地に事務所を構える「刑事事件」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

1~15人を表示 / 全25

この分野の専門家が書いたコラム

家裁の待合室

2019-11-20

 家裁の待合室で、事件の中身にわたるようなことを依頼者と弁護士が話をしていることがある。  守秘義務的に、あれはいかんのではないかと思っている。  依頼者の方も、「あんまり話をしないで欲しい」という雰囲気を出してい...

週末の睡眠

2019-11-19

 何も予定がなければ土曜日はヘタをすると金曜日に1時過ぎに就寝しても11時まで寝ている。  その上、二代目小次郎が私の股にもたれてくると眠くなり昼寝をする。  日曜日もヘタをすると同じようなことをしている(ここのと...

今週の小次郎

今週の小次郎

2019-11-18

 機嫌がいいときにじゅうたんに身体をこすりつけている二代目小次郎である。  寒くなり、毛布でくるむとすぐにトロトロになる。  気温が下がってきましたが、今週も頑張っていきましょう。

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?

「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?

2019-05-01

働き方改革

労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。

ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?

ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?

2018-11-12

マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。

PTAに加入しなければサービスはなし?PTAの法的性質から加入義務と役割を考える

PTAに加入しなければサービスはなし?PTAの法的性質から加入義務と役割を考える

2018-09-21

ここ数年、インターネット上を中心に、PTAに加入すべきかどうかや加入しないことの不利益などが話題になっています。PTAという組織はどのような経緯で作られ、法的にどのように位置づけられるのか。加入を強制されることの是非や加入していないことを理由に不利益を受けるのか、ということを考えてみます。