マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

全国の専門家コラム一覧
:お見合いRSS

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

お見合いとは結婚したいと願っている男性と女性が、第三者が中に立って引き合わされ、双方が気に入れば結婚するというスタイルの出会いです。 日本では以前は、結婚といえばお見合いが当たり前でした。もちろん昨今のようなWeb上の婚活サイトを活用するようなスタイルとはまったく違います。 もともと結婚とは、一族の繁栄を見据えて、政治的な関係性を考えた家と家との結び付きを図る政略結婚でした。お見合いの歴史自体は、鎌倉時代から始まったといわれています。武家や貴族、あるいは公家などの身分の高い家の間で行われていたのです。 お見合いという言葉は、女合わす(めあわす)という言葉が語源とされています。女合わすは妻合わすとも書くように、男性に妻となる女性を引き合わせるという意味です。これがお見合いの由来といわれています。 現在のお見合いでは、結婚に到達するまでの間に交際期間を儲けるのが普通です。しかし昔はそのような期間はありませんでした。女性には相手を選ぶ権利はなく、顔も素性も知らない男性のところへ嫁ぐということも当たり前だったのです。時代は大きく変わりました。

お見合いの歴史

江戸時代に庶民に普及

身分の高い家の間で行われていたお見合いが、庶民の間に広まったのは、江戸時代だといわれています。当時は近所の世話好きや親戚から、お見合い話をもらっていました。 その頃は子供の頃から家のお手伝いや兄弟の世話をしていて、恋愛をしているような余裕はなかったのでしょう。出会いの場も限られていた昔の状況からすれば、お見合いは得難い出会いの機会だったともいえるでしょう。

明治時代にお見合いビジネス誕生

明治時代に入ると「高砂業」と呼ばれる結婚仲介ビジネスが誕生します。大阪や東京に今でいう結婚相談所ができました。 高度成長に向かう日本では、多くの人々が仕事を求め都市部へ向かうようになり、地縁や血縁関係だけで結婚相手を探すことが困難になってしまったのです。当時では結婚の約7割がお見合いであり、お見合いが日本における文化として定着していたように見受けられます。

現代はアプリでもお見合いが!

時代が流れ、封建社会から男女が平等な社会となってからは、女性も自由に恋愛ができるようになりました。そこから、自然に恋愛結婚というスタイルが増えていきます。 そして現代は、インターネットの普及から、お見合いの新たな形が生まれてきました。お見合いに対するイメージも大きく変わってきて、再び注目を集めています。

お見合いのメリット

安心して出会える

お見合いは第三者が仲介してこそ成り立ちます。ひと昔前は世話焼きのご近所さんが独身者を見つけると、勇んでお見合い話を持ち込んだものです。つまり、身元の確かな者同士を第三者が結びつけるので、安心してよいでしょう。 結婚相談所を通したお見合いでも同じで、独身者である証明や就業・収入の証明、卒業の証明など、身元が確認された者同士が引き合わされます。出会いの場としては安心できるといえるでしょう。

結婚を真摯に考えている人と出会える

お見合いは基本的に、結婚に対して真摯に考えている人同士が出会えるチャンスです。そのためのお見合いなので当たり前ですが、結婚に対する温度差に開きは少ないでしょう。 恋愛であれば、長年親しく付き合ってきてそろそろ結婚の話題になると、意外にもとても温度差がある場合も多いようです。お見合いはそのような事態は避けられます。

希望する相手にだけ出会える

お見合いにおいては、相手の出身地はもちろんのこと、学歴や職業、勤務先、そして収入、趣味や家族構成など、個人情報を前もって知ることができます。 つまり、自分が「この人だったら期待できる」と思える、希望する相手とだけ合えばよいのです。よって、結婚相手に求めるものが明確である人は、お見合いが向いているでしょう。

お見合いのデメリット

プロフィールで決まる

お見合い話で会うまでに漕ぎ付けるかどうかは、良くも悪くもプロフィール次第ともいえます。プロフィールにピンとこず、会うまでに至らないケースは多いでしょう。 実際は気乗りしない場合でも会ってみると、プロフィールだけでは伝わらない魅力があって、うまくいく場合もあります。プロフィールだけで機会がなくなるのは勿体無い話です。

紹介者によっては断りづらい

世話になっている人や会社の上司、仲のよい友人からの紹介によるお見合いは、思った感じと違う場合でも断りづらいかもしれません。 友人知人からの紹介は、良縁であることも多いのです。だからといって、会ってみて「違う」ということもあるでしょう。しかし、おすすめされて出会ったのに付き合わないと、紹介元の人との関係にわだかまりができる場合がないとはいい切れません。

相手を紹介しづらい

お見合いして気が合い、交際しているお相手を友人などに紹介するとき、馴れ初めを聞かれることがあります。 今では「婚活」という概念が広まっているので、胸を張ってお見合いで知り合ったといえばよいのですが、お見合いで知り合ったということを恥ずかしいと感じる人もいるようです。 その場合は「ちょっと紹介で」などと、嘘ではな言い訳でサラリとかわしてしまえばよいでしょう。

みんなの声