マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

全国の専門家コラム一覧
:アンチエイジングRSS

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

アンチエイジングとは「加齢に抗うこと」を意味する言葉です。「実年齢」には抗えないので「加齢」に抗うという表現になります。いつまでも若々しい心身を保ち、実年齢よりも若く見られるようになりたい、長く生きたいという欲求は、すべての年代の男女に共通していると言えます。アンチエイジング医療は、病気の治療の対象となる「病気の治療」から「健康な人の健康」を指導するというポジティブな医療思想があり、究極の予防医学と言えるでしょう。それは健康で長寿を楽しむことを目的とした、理論的および実用的な科学を意味します。過去の研究では100年以上にわたる超高齢者の機能的および形態学的研究により、生理学的に臓器のバランスのとれた老化は、多くの人に見られる一般的な老化よりも進捗が遅いことがわかっています。アンチエイジング医学とは、生活習慣の改善と健康長寿を目指す医学であり、バランス悪い老化の予防と治療に基づいています。また、老化のメカニズムの解明、抗加齢医療に基づく医療行為、部門横断的な全身医療は、アンチエイジング医学と定義することができます。

アンチエイジングの食事

効果的な栄養素

まずは食事に関して説明しましょう。アンチエイジングに効果のある栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、ミネラルです。 ビタミンCは、緑黄色野菜や果物に豊富に含まれます。ビタミンCは水溶性なので水に溶けやすいため、軽く洗って生で食べることをおすすめします。 ビタミンEは、植物油や、ごまやピーナッツなどのナッツ類や種子に豊富に含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノールは、プルーン、リンゴ、ブドウ、赤ワイン、コーヒー、緑茶、紅茶に含まれています。特に果物の皮にはポリフェノールが多く含まれているため、皮全体を食べることをおすすめです。 海藻、魚介類、納豆にはミネラルが豊富です。ミネラルは水に溶けやすい性質もあるので、スープにすることで効率よく摂取できます。

カロテノイド

アンチエイジングで美容効果を得たい人には、カロテノイドの摂取をおすすめします。 カロテノイドは、緑黄色野菜や果物の黄色、オレンジ、赤の色素で、赤パプリカ、トマト、みかん、ほうれん草に含まれています。 コンビニ弁当に含まれる食品添加物も、老化促進の原因と考えられています。これらの材料を使用して、自分自身で食事を調理することをおすすめします。

アンチエイジングの運​​動について

運動の効果

アンチエイジングと運動の関係について、詳しく触れておきましょう。 ウォーキングなどの軽い運動は、抗酸化物質の作用を高め、細胞の酸化を防ぐのです。毎日少し息が上がるような運動を続け、習慣的に行うことをおすすめします。 ただし、呼吸量を増加させる激しい運動やエクササイズは、活性酵素を生成することに注意してください。

ウォーキングでの注意

ウォーキングとして外を歩くときは、紫外線や排気ガスには、できるかぎり注意してください。 皮膚細胞は紫外線にさらされると活性酵素を作るといわれています。排気ガスはもちろん、呼吸器系も含めてからだによくありません。 ウォーキングをする時に紫外線に対して可能な限りの対策を講じ、交通量の少ない公園で行うことをおすすめします。

ストレッチなど

ウォーキングだけでなく、室内でできるさまざまなストレッチ、あるいはバランスボールを使用したバランス運動などの軽い運動も、アンチエイジング効果があるとされています。 最近は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、なかなか簡単に外出できない状況もあるでしょう。そんなときに、室内で手軽にできるアンチエイジングのエクササイズとしてやってみましょう。

ストレス解消

アンチエイジングに取り組んでいる人は特に、ストレスに気をつけなければなりません。これは、過度の身体的および精神的ストレスが活性酵素を生成し、老化を促進すると考えられているためです。 もちろん、ストレスのない人生はあり得ず、いくらかのストレスは問題ではありません。しかし、たまっていたらダメです。合理的な方法で日常生活のストレスを和らげる良い方法を見つけましょう。

睡眠

最後に、睡眠について説明します。実、人体はアンチエイジングに不可欠な成長ホルモンを睡眠中に大量に分泌します。特に、睡眠の質が良くなるほど、分泌物が活発になるのです。 睡眠環境を整え、十分な睡眠をとって、十分な睡眠をとることをおすすめします。このように、日常生活の中で意識的に時間を過ごすことで、アンチエイジング効果を生み出すことができるのです。

みんなの声(クチコミ・評判)

専門家をジャンルから探す