マイベストプロ茨城
  1. <歯科医師が解説>なかなか治らないベロのヒリヒリは口内炎?舌痛症は何科を受診?
飯田裕

歯科インプラント治療のエキスパート

飯田裕(いいだゆたか) / 歯科医

つくばオーラルケアクリニック

お電話での
お問い合わせ
029-879-5255

コラム

<歯科医師が解説>なかなか治らないベロのヒリヒリは口内炎?舌痛症は何科を受診?

2019年10月4日 公開 / 2019年10月18日更新

テーマ:口腔粘膜疾患(口内炎)、口腔内不快症状

コラムカテゴリ:医療・病院

1.ベロの先、横側がひりひり…舌痛症ってご存知ですか?

 舌の先端や両サイドの縁の部分に、「ひりひり」「ぴりぴり」した痛み?を訴える患者さんが近頃はとても多いんです…虫歯の治療ではなく舌の異常を訴えて毎週6~7名の患者さんが私のクリニックにはお見えになります。お口の中の傷や普通の口内炎であれば、放っておいても大体2週間もあれば治りますから、長引くヒリヒリ感は「舌痛症(ぜっつうしょう)」の可能性があります。

健康な舌

 舌痛症とは、舌の表面に痛みの原因となる器質的な異常や病変(口内炎などの炎症や粘膜の荒れ、腫瘍(出来物)など)がないのにもかかわらず、べロがピリピリと痛んで気になってしまう…そんな症状です。
 ここで大事なのは病気ではなく不快症状なんです。

 私の経験上、40~60代の女性に多く、男性にはなぜかほとんど見られません。
 歯の治療が契機になって症状が出現することも多いため、「治療に使用された薬剤や金属のアレルギーなどでは??」とか、「被せた銀歯が舌に当たっているからでは・・・」などと歯の治療に原因があると考える方が多いように思います。

口内炎の原因と治療、予防について 


2.舌痛症の患者さんの多くは内科や耳鼻科を受診しますが…

 また、患者さんの多くはストレスを感じている方が多く、歯の治療が契機になるだけでなく、お話を伺うとお身内が亡くなった方や、ペットが死んでしまったなどと損失体験をおっしゃる方が多いように思います。
 患者さんの多くは悩んだ挙句、歯科医院だけではなく、口腔外科、耳鼻科、内科などいろいろな診療科を受診され、「異常はないから心配ないですよ」「気のせいでは?」と気休め程度の軟膏やうがい薬などを処方され、追い返されてしまうケースも多いようです。
 これまで患者さんが痛いと訴える舌の部位に、見た目的に明らかな異常が認められなければ、「舌痛症」や「更年期障害」、「不定愁訴」となどと診断され、「うつ症状」やストレスに起因する心因的なもの…とかたづけられてきました。


3.舌痛症の原因とメカニズム


 舌痛症の原因やメカニズムについてはよく分かっておらず、諸説がございますが、メンタル面に関連があることはどうも間違いなさそうです。



1)実際にお話しすると舌痛症の患者さんの特徴として生真面目な方が多いこと。 
 (経験的には几帳面で、執着心が強い性質の人が舌痛症の患者さんに非常に多いです。)
2)痛みの程度、場所や範囲が一日の中で変わる(日内変動)、日によって変化する。
 (例えば、食事中、入浴中、仕事中など、何かに集中しているときはなぜかほとんど痛まない。)
3)上述のようにむし歯の治療や身内の不幸がきっかけで始まることが多い。
 (直接歯とあたっている部分が痛むはずが、接触していない部分の症状も訴えることが多い。)
4)舌の痛み以外に多彩な症状を訴える患者さんが多い。
 (舌の1種類の病気では起こり得ない、口の中の乾き、味覚異常、のどの違和感の訴えるなど。)

口の中がネバネバ、ヒリヒリ・・・口腔乾燥症をご存知ですか?

 などの臨床的な特徴がございます。また、舌がんや喉頭がんなどのがんへの恐怖感や、AIDSなどの何か深刻な病状では?と考えていたり、ストレスや心身疲労が加わると、症状が増悪することからも、心理的要素との関連性がうかがえます。
 したがって、ガンの心配はないことや、炎症やアレルギー症状がないこと、以前に受けた歯科治療について、第3者的に見て特に問題ないことなどを、理論的に丁寧にお話しすると、気持ちが楽になったり、症状が緩解される患者さんが多いように思います。

歯科医学的アプローチで行う口臭治療

4.原因不明の舌痛症の治療はどうする?


 私のクリニックでは治療に漢方薬などを使っておりますが、なかなかすぐに改善しない場合もございます。原因やメカニズムが分からない以上、舌痛症には、すぐに症状が消失する確立された治療法は現在のところありません。多くの医師にも舌の痛みを理解してもらえないことから、ドクターショッピング(色んな病院を転々とすること)を繰り返す患者さんも珍しくはありませんが、もし、舌痛症を疑って受診するならば、大学病院の口腔外科やオーラルメディシン(口腔内科)、心療歯科などが専門ですので、経験豊富な医師のいる医療機関への受診をお勧めいたします。必要であれば当院から専門医療機関をご紹介することも可能ですのでお申し出ください。

口内炎や舌の痛みを改善=歯科で使う漢方薬とは?

※※歯科医師、歯科衛生士の方々へ※※
ご自分が担当されている患者さんで口腔粘膜疾患や口腔がんを疑う症状、所見があるものの、
「診断に自信が持てない…」、
「クリニックでやれる検査や治療のやり方が分からない」、
「どこの病院、どの科へ紹介すべきか?…」、
「紹介状の書き方が…」
などのご不安、疑問がある先生方、衛生士さんはお気軽にメールもしくはfacebookからご連絡下さい。
状況によっては出張診療、診断やご紹介のお手伝いをさせていただきます。


つくば・土浦の歯科・口腔外科/インプラント治療の専門医
つくばオーラルケアクリニック http://www.tsukuba-occ.com/
facebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.occ

この記事を書いたプロ

飯田裕

歯科インプラント治療のエキスパート

飯田裕(つくばオーラルケアクリニック)

Share
関連するコラム

飯田裕プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
029-879-5255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田裕

つくばオーラルケアクリニック

担当飯田裕(いいだゆたか)

地図・アクセス

飯田裕のソーシャルメディア

facebook
Facebook