マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか) / 社会保険労務士

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

働いていない期間が1年以上ある人に確認したいこと

2019年11月15日 公開 / 2019年12月9日更新

テーマ:新卒採用・採用

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 働き方改革

前職を退職してから1年間以上働いていない期間
がある人には、面接時にはその理由についての
確認をしたほうがいいです。もちろんそんなの関係ない
という社長は無視してください。

理由として月並みなのは、難関資格を目指していたとか
公務員試験を受験していたとか。

あとは、病気で入院していた、家族の介護なども
理由にあると思います。

あとは放浪の旅に出ていて世界をまわっていましたという
方もいるでしょうけど、ひとそれぞれ理由があっていいと
思いますし、時には嘘をつかないといけないということも
あるかもしれません。

面接する側は理由よりもその話し方や
その内容、考え方などもあわせて分析して性格面なども
含めて考えて検討したいところです。

またちょっと日の当たらないところにお世話になっていたとか
アルコール依存症の方とかくすりのほうとかの関連で
過去にはいろいろなケースに遭遇したときもありますが、そういう人は
採用してもいいですか? と聞かれることもあります。

こちらとしては判断はなかなか難しいです。

でもその経緯もいろいろあるでしょうし、今を見るべき
という意見もあるし、まあそれだけの理由で
採用しないというのは良くないです。

あと、問題なのはメンタル不調の場合、今は問題ないといっても
やはり心身の部分はわからない、確率論から考えてみても
いいです。今は通院とかしていないというのであれば
信じてみるのもいいですし、結局のところ働いてみてから
ではないとわかりません。

疑っていくとキリがないですが、まあ私もかなりの人の履歴書を
みてきて、ある程度は予測と過去おそらくこうだったのかな?という
ところまでは見ることができるようになりました。

履歴書には職務経歴書同様たくさんのヒントがあるのです。

そんなわけで次回以降に今回に関連するテーマを
お届けできればと思います。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧