マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム一覧:判決・判例紹介

ハマキョウレックス訴訟 最高裁判決 「労契法違反の格差は無効」 

産経ニュースより正社員と契約社員の手当に格差を設けることが労働契約法20条が禁じた「不合理な格差」にあたるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は1日、「労契...

時事通信社事件 年次有給休暇の時季変更権 労働基準法29年社会保険労務士試験

今回は、社労士試験で出題された時事通信社事件について簡単に取り上げてみます。実務を行う人は、時事通信社事件についてこの判例の考え方をよく理解しておく必要があります。わかりやすいのは...

同じ業務で定年後再雇用、東京高裁 定年再雇用者の賃金減額は「妥当」 

先日、同じ業務で定年後再雇用、賃金差別は、違法という地裁の判決のニュースを取り上げております。同じ業務で定年後再雇用、賃金差別は違法 東京地裁判決http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-27...

ワタミ過重労働自殺訴訟 1億3千万円損害賠償支払いで和解 謝罪

「和民」で働いていた26歳女性が過酷な労働条件下で働いていたのを苦に自殺し訴訟に発展した問題で、ワタミ側が約1億3千万円を支払い、謝罪することで和解が成立し、この事件が終わりました。私も...

銀座クラブのホステスは労働者じゃない? その理由 プロ契約とは?

労働者として勤務していた東京・銀座のクラブから不当に解雇されたとして、ママとして働いていた女性(45)がクラブ側に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(鷹野旭裁判官)は「労働契約ではな...

年休の時季変更権 代替勤務者電電公社横手統制電話中継所事件

先日の社労士試験の問題から取り上げてみました。年次有給休暇の時季変更権に関して、最高裁判例から出題されていました。選択式のほうです。時季変更権に関しては判例もたくさんありますが電電公社...

「業務上必要性欠き違法」女性飼育員の配転無効

先日、判例とかはどうやって覚えていくのか?という相談があったのですが、バタバタしていて頭が整理されていないこともあってうまく答えられませんでした。冷静に考えてみたら、やはり大事なポイント...

店長過労自殺で5700万円賠償命令 過失相殺認めず、ステーキ店敗訴 東京地裁

自殺の原因がパワハラと長時間労働が原因であるということで会社側を訴えていた事件ですが、5790万円の支払いを命じたことで会社は敗訴しました。ポイントとして、判決では会社側について「業績向上を...

判例 日本システム 開発研究所事件 労働条件の不利益変更

先日、労働条件の不利益変更の有名な判例をこちらで紹介すると書きましたので、早速有言実行します。ちょっと難しいかもしれませんが年俸制に関するもので労働者側勝訴のいい研究事例になると思います。《...

飲酒は業務…死亡のNスペ取材班男性、労災認定

国に労災認定を求める訴訟が、増えていますが、今回はNHKの番組制作会社の男性が、中国で、飲酒(一気飲み)したあとに死亡したことを受けて監督署が、労災を認めなかったことに納得がいかなかったことから、...

京都 祇園 てんかん暴走 会社と両親に5200万円の賠償命令

中央区日本橋人形町で奮闘する社会保険労務士の庄司英尚です。本日は、まだ記憶している方も多いかと思いますが、2012年4月に京都で起きたてんかん発作暴走事件で遺族が訴え、このたび京都地裁が雇用主と死...

リコー出向訴訟「人事権乱用」で無効 男性社員2人勝訴

リコー出向訴訟「人事権乱用」で無効 男性社員2人勝訴

日本橋人形町で奮闘する社会保険労務士の庄司英尚です。本日は、ヤフーニュースでもリンクされ大いに話題になっているリコー出向訴訟についてです。研究職の2人が子会社出向命令で精神的被害を受けたとし...

未払い残業代の支払い命令 ケンタFCに京都地裁

未払い残業代の支払い命令 ケンタFCに京都地裁

名ばかり管理職の問題は、簡単には解決できないと思いますが、私たち社労士としては、企業側に適切なアドバイスをしておかなければなりません。ドラマ ダンダリンの放送でも先日ちょうど名ばかり管理職につ...

日本海庄やに賠償命じた判決確定 従業員過労死で最高裁 賠償7863万円

日本海庄やに賠償命じた判決確定 従業員過労死で最高裁 賠償7863万円

社会保険労務士の庄司英尚です。係争中であった庄やの過労死訴訟で最高裁が上告を退けたことで判決が確定し、7863万円の賠償を命じました。3年前に下記にて 庄やの過労死訴訟は取り上げていました。2...

公庫に賠償命令 8900万円  過労自殺を認定

公庫に賠償命令 8900万円  過労自殺を認定

人形町の社会保険労務士庄司英尚です。今回も過重労働関連になりますが、判決として今後のマネジメント対策として参考になるものなのでご紹介しておきます。共同通信より旧農林漁業金融公庫(現日本政...

コラムのテーマ一覧