マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム一覧:パートタイマー・アルバイト・短時間労働者

RSS

パートと正社員の格差訴訟 124万円の支払い命令確定

朝日新聞よりパートと正社員の格差訴訟 124万円の支払い命令確定卸売市場で働く九水運輸商事(北九州市)のパート社員4人が、正社員と同じ作業をしているのに、通勤手当と皆勤手当に差があるのは労働契約法...

すかいらーく アルバイトパートの雇用上限を75歳まで引き上げる

産経新聞によるとすかいらーくホールディングスが、現在70歳としているパート、アルバイトの雇用上限を来年1月から75歳に引き上げることが20日、分かった。 深刻な人手不足に対応すると同時に、70歳を超え...

優秀なバイトを社員に ファミマ、人材引き留めへ新制度

朝日新聞によると、下記の記事のとおり、優秀なパートを本社が正社員登用するとのこと。以下引用コンビニ大手のファミリーマートは、店舗で働くパートやアルバイトを本社が社員として直接雇用する新制...

高校生アルバイトの6割は、労働条件通知書等公布されていない現実

この1年くらいの間で「ブラックバイト」という言葉を耳にする機会が増えました。今でも不当な労働条件で無理やり働かされているアルバイトも思っている以上に多いようです。実際に大きなトラブルに...

パートの出勤日数を減らしたら苦情がきたが、どうする?

飲食店のパートやアルバイトのシフトに関しての話です。ずっと昔の話、大きな飲食業グループのクライアントのあちこちの店舗からの相談。仕事に取り組む態度が悪いので、今まで、週に4日間か5日間...

非正規社員の割合 遂に40%に 高齢者再雇用の増加

厚生労働省は、「平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況」について発表しましたがその調査結果によるとパートタイマーや派遣など正社員以外の労働者の割合は、昨年10月1日時点で40.0%とな...

ブラックバイト問題 コンビニの事例

ブラックバイト問題 ?大学生らに「ブラックバイト」と呼ばれる働かせ方が広がっておりこのままでは問題になるということで国がいろいろ動き出しています。その1つとして、厚労省は、アルバイトの条件...

スタバから学ぶ アルバイトの離職率が低い理由

スタバから学ぶ アルバイトの離職率が低い理由

15日にやっと発売になったスターバックスの新商品のヨーグルトフラペチーノですが、早速発売日翌日、そして翌々日と2回も店に行ったけど、売り切れでした。諦めずに3回目は、お店を変えたら、あっ...

<14歳死亡>両親、バイト先と和解 6000万円支払い

<14歳死亡>両親、バイト先と和解 6000万円支払い労働基準法に違反する14歳に解体現場でアルバイトさせて死亡した事故の賠償として、6000万円を両親に支払うことで和解が成立したとのことです。...

ガイアの夜明け 塚田農場 学生アルバイトの就職支援

ガイアの夜明け 塚田農場 学生アルバイトの就職支援

日本橋人形町で奮闘する社会保険労務士の庄司英尚です。本日、2月4日のガイアの夜明けは、アルバイト不足の中でおもしろい取り組みを取り上げるそうです。「人が足りない..."外食"驚きの一手!」先日、...

首都圏アルバイト事情 その2 バイト争奪戦は、付加価値で差別化 就職支援は魅力

首都圏アルバイト事情の続きです。お祝い金以外では、前給制度という制度は、魅力的です。この制度は、働いたうちの一定額を、通常月1回の給料日よりも前に引き出すことができる制度で、飲食業大手のコロワ...

首都圏アルバイト事情 その1 バイト採用できなきゃ出店すらできない 深刻な問題

中央区日本橋人形町で奮闘する社会保険労務士の庄司英尚です。首都圏を中心にアルバイトが不足している現状は皆様も聞いたことがあると思いますがその原因は何だと思いますか?少子化により主力となるそも...

パート、有期雇用も同待遇 正社員と同じ仕事なら 厚労省方針、1月にも改正案

日本橋人形町で奮闘している社会保険労務士の庄司英尚です。昨日の日経新聞からの情報ですが、厚生労働省は有期雇用のパート労働者も正社員と同じ仕事をしている場合、賃金などの待遇面を正社員のと同等に...

ブラックバイトを勤務初日で見抜くには?

このたびブラックバイトに関するコラムをジジコに寄稿しました。ブラックバイトを勤務初日で見抜くには?というタイトルをつけていますが、企業側にとってもこのような扱いをしていると初日勤務してすぐに...

パートタイマーを雇い入れる際に注意しておきたい労働条件明示事項

パートタイマーに限らず労働者を雇い入れる際には、労働条件の明示義務があります。しかしながら、雇用契約書も労働条件通知書もない会社がたくさんあります。これではトラブルが起きるのは当たり前です。...

コラムのテーマ一覧