まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

「喫煙者は採用しない」 星野リゾートの採用ページが話題

新卒採用・採用

2012年11月13日 / 2014年7月31日更新

社会保険労務士の庄司英尚です。

星野リゾートといえば、星野社長の経営手腕、
カリスマ性も目立つところですが、企業戦略として
の採用へのこだわりも有名な企業です。この話は
昔から知っていましたが、ここまで明確に打ち出すと
影響も大きいようです。

今回もニュースとして取り上げられていますが
この企業は、喫煙者は絶対に採用しません。エントリー
できないことになっています。

星野リゾートでは、喫煙者を採用するのは「作業効率」「施設効率」「職場環境」
の3つの要素から考えて企業競争力を弱めることにつながるとまとめています。
なかなかここまではっきりメッセージとして出す企業はまだまだ少ないです。

他の企業にも広まればいいと思う人もいれば、ここまでいくとやり過ぎだと
いう人もいるでしょう。

いずれにしても合理的に考えれば、確かに喫煙者よりは非喫煙者のほうが
仕事の生産性は高いし、休憩時間のことなどから考えても不公平とかが
なくなるのでいいのではないかと思います。

弊社も喫煙者は、基本的に採用しない方針ですがはっきりとメッセージとして
打ち出してはいません。コスト的にも健康面においても企業は、いろいろな
デメリットを感じてしまうので、トップが非喫煙者の場合、今回のような
企業が増えてくるのではないかと思います。



ねとらぼ より



分煙・嫌煙の流れが加速し、喫煙者は肩身の狭い思いをすることも多い昨今。「喫煙者は採用いたしておりません」と明記された、星野リゾートグループの採用ページが話題になっています。

 星野リゾートでは企業競争力を弱めることから、喫煙者の採用をしていない旨を社長直々のメッセージとして明示。その理由として「作業効率」「施設効率」「職場環境」の3つの要素をあげています。

 中毒症状によって集中力を維持できなくなることが結果的に社員の潜在能力を低下させる「作業効率」。少しでもスペースがあるなら顧客へのサービスに当てるべきであるリゾート事業において、社員の喫煙場所への投資は利益の圧迫だとする「施設効率」。喫煙者だけに頻繁な休憩を認めると非喫煙者の社員に不公平であるとする「職場環境」。以上のような喫煙者を採用することの不利益をあげ、厳しい競争環境で効率的な運営を目指す必要があることから、喫煙者を採用していないと説明しています。

 喫煙者でも選考に進むことは可能ですが、「入社時にタバコを断つことを誓約」することが条件。採用ページのトップでも「あなたはタバコを吸いますか?」の問いに「No」を選択しないと、採用情報を閲覧することもできないなど、喫煙者に対してはかなり厳しい仕様となっています。

 ネット上では嫌煙家や「喫煙者だけが就業時間内にタバコ休憩を取れるのはずるい」と不満を持っていた層などを中心に好評。愛煙家には耳が痛い話ですが、これも時代の流れなのかもしれませんね。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

庄司英尚(しょうじひでたか)

庄司英尚プロのその他のコンテンツ

Share

庄司英尚プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

担当庄司英尚(しょうじひでたか)

地図・アクセス

庄司英尚のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-17
twitter
twitter
2018-08-17

庄司英尚プロのその他のコンテンツ