マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 職場で飲酒、ガイドライン策定の注意点

職場で飲酒、ガイドライン策定の注意点

カテゴリ:
ビジネス

最近、飲酒できるスペースやカフェなどを設けている会社が増加

職場で飲酒、ガイドライン策定の注意点

会社の社内で就業時間に飲酒することは一般的には認められていません。そんな中、仕事中でも「日によっては昼間から飲む」という声があり、その真偽はともかくとして、会社も非公式ながら認めているところもあるのかもしれません。しかしながら、就業時間終了後でも通常のオフィス内においてアルコールを飲むことを許してはいけません。社内の秩序が乱れてしまいますし、就業規則上でも飲酒について厳しく禁止していることに矛盾してしまいます。

最近、執務室と別のところに飲酒できるスペースやカフェなどを設けている会社が増えてきていますが、社内で飲酒をする際のガイドラインを早めに策定する必要があります。今回は、そのポイントについて解説します。

飲酒後は、業務スペースに戻らないようにルールを徹底

あるインターネット広告代理店の会社では、18時以降なら社内のカフェでお酒を飲むことができます。ドリンク代は全額会社負担で、社員同士で熱いディスカッションが始まることもあるとのこと。普段一緒に仕事をしないメンバーともお酒を通じて仲良くなることもあるでしょう。仕事上の課題などを共有し、コミュニケーションを高めるためにはとても良い制度であると思います。

しかしながら、当然、お酒が入ると酔っぱらってしまいます。就業中の他のメンバーに迷惑をかけることになるので、飲酒後は戻って仕事をすることはNGとするルールを絶対に遵守させるガイドラインを作成するべきです。

そして、そのようなお酒を飲めるスペースに出入りすることができる対象が誰なのかも明確にしておきたいところです。取引先やOBの人も入室可能なのかどうかをはじめ、利用にあたっての費用負担、スペースへの入室する人の管理方法、営業時間なども含めて、きちんと全員にアナウンスをし、利用にあたっての注意点などを細かく規定しておく必要があります。

社内とはいえ、飲酒をした場合、帰路の事故は労災扱いとされない

職場内で飲酒していると、居心地が良く、ついつい飲みすぎてしまうということがあるでしょう。帰りに酔っ払ってケガをしたりすることがあってはいけませんので、ある程度、飲酒量の制限をかけることも必要かもしれません。というのも、社内のスペースとはいえ、仕事が終わったあとに飲酒をした場合、原則として、その後の自宅に向かう途中の事故については労災扱いとされない可能性が高いからです。

仕事の流れで業務として部下を強制的に誘うような飲酒スペースの利用の仕方は、できるだけ避けるように会社側もガイドラインを作成しておきたいところです。

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚さん(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share

関連するその他の記事

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく行政、企業ともにさまざまな取り組みを行っています。発達障害を持った人と仕事をしていく上でどのようなことに気を付けるべきかについて紹介しています。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

大手百貨店で導入された女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」。多くの批判を受け、取りやめを決定しました。女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

インフルエンサー採用でSNSの人気者を優先採用?メガネのオンデーズなどが導入、その背景は

企業が社員を採用する際に、「インフルエンサー」を優先的に採用する動きが注目されています。求職者にとっては、自分の得意とする分野の発信力が、採用時の選考の短縮化や早期内定を得る、新たな戦力ともなりそうですWebマーケティングや人材採用の専門家、髙平聡さんに話を聞きました。

髙平聡

髙平聡さん

スマホマーケティングで企業に成果をもたらすプロ

年末年始のイベントで司会を任されたら?プレゼンや会議にも役立つ司会進行の3つのポイント

これからの季節に増えてくる忘年会やパーティーで司会進行を任された際に、不慣れで不安に感じる人も多いかもしれません。プレゼンや会議にも役立つ司会進行のコツをご紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す