まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

キリンとアサヒの宿命の対決 ガイアの夜明け

セクハラ・パワハラ

2017年9月22日 / 2018年9月4日更新

ガイアの夜明けで、キリンとアサヒの対決という
ことで、キリンの営業マンに密着して取材されて
いて、とてもいいシーンが見られたので、こういう
番組は、やはり必要と思うのですが、この放送で
気になったのは、上司らとのチームの飲み会の席で
の出来事。

案の定、ネットニュースでは、同じような思いの
人が記事を書いていました。
jcastニュースによると

そのシーンの中に、居酒屋内でビール
を目の前に先輩からパワハラ紛いの
叱責を受け、涙を流す一人の社員
の姿があったため、「ビールの
イメージが悪くなった」というのだ。

引用ここまで

演出の部分が大きいのですが、イメージは
大事で、今の時代だとあれは、パワハラだと
言われかねません。まあパワハラ紛いという
表現が妥当なのですが視聴者は前後関係は
わかりませんし、口調があらっぽいのと涙を
流していたというところも受け止め方によって
人はさまざまだから仕方ありません。

私はそれほどひどいとは思いませんでしたが、
ブランドイメージがあるので、番組の意図は
わかるが、やはり考えないといけなかったのでしょうか。

上司もあの口調で説教して営業マンの
力だけのせいにしては、いけません。

会社の商品力、マーケティング、ブランド
、価格などさまざまな要素があるので
今回でいえば、広告宣伝になるはずの
キリンが、一部ブランドイメージを下げた
のではという意見もありました。

「麒麟一番搾りだろ、部下を搾ってどうすんだよ」
というコメントがなかなか面白かったというのが感想です。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

庄司英尚(しょうじひでたか)

庄司英尚プロのその他のコンテンツ

Share

庄司英尚プロのその他のコンテンツ