まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

コラム

児童手当拠出金とは? 平成24年度 4月分より児童手当拠出金率 料率変更 計算方法 

年金給付・国民年金

2012年4月23日 / 2016年2月17日更新

みなさんこんにちわ

社会保険労務士の庄司英尚です。

児童手当拠出金 児童手当拠出金率

児童手当拠出金という言葉を聞いたことがありますか?
給与明細には出てきませんので知らない方も多いかと
思います。

児童手当拠出金とは、厚生年金保険の被保険者を
使用する事業主に対してかかるもので被保険者負担は
ありません。

児童手当拠出金率は、4月分(5月末納付分)より
下記の通り変更されます。

 旧 0.13% →→→  新 0.15%

子供のいない従業員も対象となりますので誤解されないように
してください。

金額は大きくはないですが、事業主負担が増えることには
違いありません。

児童手当拠出金の計算方法ですが
標準報酬月額が30万円の人で児童手当拠出金は
450円になります。

300,000円 × 1.5/1000 = 450円

それでも改正前に比べれば60円アップなわけ
ですから人数が多いところについてはそれだけ
負担も重いといえます。

もちろん標準賞与額についても対象となりますので
ご注意ください。

いずれにしても法改正関連については押さえておきたい
ところです。

平成28年2月時点の追記コラム
http://mbp-tokyo.com/iwave/column/51110/

本日もコラムを読んでいただきありがとうございました。

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

私の取材プロフィール

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

株式会社アイウェーブ のホームページ
http://www.iwave-inc.jp


株式会社アイウェーブ
庄司社会保険労務士事務所

庄司 英尚

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

庄司英尚

庄司英尚(しょうじひでたか)

庄司英尚プロのその他のコンテンツ

Share

庄司英尚プロのその他のコンテンツ