まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

債権法改正  契約上の地位の移転

債権法改正と契約実務

2015年6月8日 / 2015年6月9日更新

民法539条の2 契約の当事者の一方が第三者との間で契約上の地位を譲渡する旨の合意をした場合において、その契約の相手方がその譲渡を承諾したときは、契約上の地位は、その第三者に移転する。
【コメント】
 この規定により,例えば,売主甲と買主乙との間の売買契約における,買主乙の地位が丙に譲渡された場合で,地位の譲渡後に甲が手付倍返しによる解除をしたいと思うときは,売買契約締結時に乙が甲に支払った手付金であっても,丙に手付倍返しをすることになる。
 これは,判例法理で認められていたものを明文化したもの。
 ただ,賃貸借契約上の地位の譲渡など,別個の取扱いがなされることになっているものもある。
これは後日紹介する。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ