マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム一覧:会社関係法

RSS

優越的地位の濫用の要件

1, 独禁法の目的と優越的地位の濫用の位置づけ 独禁法の目的の一つに、「私的独占」、「不当な取引制限」及び「不公正な取引方法」の禁止があります(独禁法1条)。「優越的地位の濫用の濫用」が禁止され...

取締役の利益相反行為についての承認機関

Q 甲社の代表取締役が乙社の代表取締役もしている場合で、甲社の代表取締役としてと、乙社の代表取締役として、甲社乙社間の取引をするのには、双方の会社の株主総会の承認が要るのですか?A 原則として、その...

株式総会や法人の理事会での決議の方法(裁判例紹介)

1 株主総会について 東京地判平成14年2月21日は、「株主総会における決議については、法律に特別の規定がないから、定款に別段の定めがない限り、議案に対する賛否あるいは反対が可決ないし否決の決議の成立に...

弁護士が書く、債権の回収不能を指摘する意見書の例

意見書 貴社が請負者となり、・・・・・が注文者になった、平成**年**月**日付け工事請負契約(対象は、・・・工事)から生じた、貴社の請負債権・・・・万円が1円も支払われていないまま今日に至ってい...

会社の従業員が会社を代理できる場合

Q 当社は、物販業をし、数店舗に従業員を置いていますが、当社が対外的な取引をする場合、当社の代表取締役でないと契約ができないということになると、大変不便です。無論、各店舗に支配人を置けば、支配人が...

コーポレートガバナンス表彰制度

1 制度創設法人 一般社団法人日本取締役協会は、金融庁と東京証券取引所によって2015年6月1日にコーポレートガバナンス・コードが策定された年度から、コーポレートガバナンスを用いて中長期的に健全な成長を...

時代変われば、品変わる(金庫株に関する価値観の転倒の今昔)

1 金庫株の意味 金庫株とは、会社が保有している自社株(treasury stock)のことです。株式の発行会社が取得した自社株を、自社の金庫に保管しておく(必要が生じたときに使う)イメージから「金庫株」と命名...

金融機関の統合問題に伏在する、公取委と金融庁とのせめぎ合い

1 金融機関の統合と公取委長崎県で融資シェア最大を誇る十八銀行と、同県での融資シェアが2位の親和銀行が、経営統合をする合意をしたのが、2016年2月のことです。この二行の長崎県内における金融機関の融資シ...

バブル経済やリーマンショックの反省は?

1 リーマンショック起こる2008年9月15日,アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが,倒産しました。同社は、サブプライムローンという、低所得者向けの不動産融資をしていた会社ですが、この倒産によ...

ポレートガバナンス・コード改革が動き始めた② 代表取締役の解職をクーデターというのは、昔の話

数年前のことです。川﨑重工の会長、社長、常務取締役が、他の取締役とは内密で、三井造船と合併の話合いをしていたのが他の取締役に分かって、取締役会で3人とも解職さされるという出来事がありましたが、当...

コーポレートガバナンス・コード改革が動き始めた① 子会社を上場させるなという意見が出始める

1 子会社の上場は認めるべきではないという意見2018/6/29付日本経済新聞の「株主解剖(2)親子上場 ゆがみ突く 経営改善、ファンドが要求」によれば、 親会社と子会社の双方が上場することは欧米でほとんど...

指名委員会等設置会社って、何だ?

1 名称の変遷指名委員会等設置会社は、平成14年、大会社に適用される商法特例法(正しくは「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」)の改正によって導入された会社組織のことで、当時は「委員会...

変わる上場会社の経営の在り方

コーポレートガバナンス・コードの策定と実施、その後3年間の運用の実態、そしてアメリカ資本の要求を受け入れた改訂の中身を見る限り、これからの上場会社の経営については、次のことが予測されます。⑴ 株...

コーポレートガバナンス・コードの改訂の理由とその裏にある事情

2015年6月に策定され、上場会社の指針として適用されてきたコーポレートガバナンス・コードは、より強化された内容に改訂されることになりました → 2018年6月2日改訂されました。改訂の理由は、「コーポレー...

株式評価方法

これは過去に、このコラムで書いたことのある記事ですが、再度ここに書いておきます。株式評価方法 1-1,インカム・アプローチ(収益方式)・特徴この方式は、会社の収益や利益に着目して会社の株式を...

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのコンテンツ