まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

菊池捷男プロのコラム一覧:著作権

著作権

2016-03-19

Q 当社は,長年の努力がかなって,事務所や店舗や居宅それぞれのデザインを考案し,顧客に美観を起こさせ,満足していただけるだけの,建築物を建築することができるようになりました。これを意匠として登録できますか?A 残念ながらできません。 意匠法第2条が,この法律で「意匠」と...

著作権

2016-03-19

1 Q 設計図を無断で使われ,設計図どおりの居宅を建築された場合は,著作権の侵害になるか?A なりません。福島地裁平成3年4月9日決定(シノブ設計事件)は, ①建築設計図は,一般に学術的性質を有する図面にあたり,建築家がその知識と技術を駆使して作成したものでそこに創...

著作権

2016-03-18

知財高裁平成23年5月10日判決は, ①Xが既存の被写体(廃墟の建造物)を撮影して写真を作成した。 ➁Yが同じ被写体(廃墟の建造物)を撮影して写真を作成し,これを掲載した書籍を出版した。 ③XがYの行為はXの著作権(翻案権)を侵害するとして,書籍の頒布等の差止めや廃棄等を求...

著作権

2012-11-21

Q 当社は大規模小売店を経営し、商品の広告は専門のA社に委託しています。実は、先日、A社が作成したチラシに載せた写真がB社の著作権を侵害することが、Bからの連絡で分かりました。当社には、B社に対して、損害賠償義務はありますか? A 原則として、それはありません。貴社が損害賠償...

著作権

2012-11-14

1 著作権侵害製品の販売数量に、著作権者自らが販売することによって単位数量あたりの利益額を乗ずる方法(法114①)すなわち、法114条1項により、著作権者、出版権者又は著作隣接権者が故意又は過失により自己の著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の...

著作権

2012-11-13

1 差止等の請求⑴ 著作者、著作権者、出版権者、実演家又は著作隣接権者は、その著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる(法112①)。これが「差止請求権」のことである。⑵ そし...

著作権

2012-11-12

1 意味 放送事業者とは、テレビ放送局やラジオ放送局をいい、有線放送事業者とはケーブルテレビ局や有線音楽放送局をいう。放送事業者や有線放送事業者は、放送又は有線放送をした特定の番組(音や映像)に著作隣接権をもつ。3放送事業者の権利⑴ 複製権(98)放送事業者は、その放送又は...

著作権

2012-11-11

1レコードなどの意味レコードとは、蓄音機用音盤、録音テープその他の物に音を固定したもの(音をもつぱら影像とともに再生することを目的とするものを除く。)をいう(法2条1項5号)。具体的には、昔よく聴かれていたレコードの他、CDやMD、ROMなど音を機械的に再現することのできるように固定し...

著作権

2012-11-10

1 定義 実演家とは、俳優、舞踊家、演奏家、歌手その他実演を行なう者及び実演を指揮し、又は演出する者をいい(法2条1項4号)、実演とは、著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じないが芸能的な性...

著作権

2012-11-09

1定義著作隣接権とは、著作物を公衆に伝達する役割を担う、実演家(映画俳優等)、レコード製作者、放送事業者(テレビ会社等)及び有線放送事業者の4者に認められた権利である。著作隣接権も、著作権と同様に、特別の方式を要せず、実演を行ったときやレコードに最初に音を固定した時、放送や有...

著作権

2012-11-08

1映画⑴ 意味著作権法には、映画の定義を定めた規定はないが、法2条3項は「この法律にいう「映画の著作物」には、映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法で表現され、かつ、物に固定されている著作物を含むものとする。と規定しているので、映画とは、① 視覚的又は視聴覚...

著作権

2012-11-07

1既存の地図の利用は著作権法違反Aが作製した名古屋市全住宅案内図帳昭和32年度版なるものは、単なる市街図の類と異り、住宅案内の目的のためにAが独自の考案を施し集成、整理した著作物であるが、Bは著作権者Aの許諾を得ずに、その著作物に若干の修正、増減を加え、名古屋市全商工、住宅案内図(...

著作権

2012-11-06

1一般住宅通常の一般住宅は、著作権法で保護される著作物ではない。グッドデザイン賞を受賞した住宅であっても、工業化住宅は著作物ではないとされる大阪地判平15.10.30グルニエ・ダイン事件は、一般住宅は、仮にそれが「グッドデザイン賞」を受賞したものであっても、通常加味される程度の美...

著作権

2012-11-05

美術は、絵画、彫刻、書等であるが、生け花も美術の著作物である。1 美術工芸品著作権法2条2項は、「この法律にいう『美術の著作物』には、美術工芸品を含むものとする。」と規定しているので、美術工芸品も美術の著作物になる。なお、美術工芸品とは、実用に供される一品製作の壺や茶碗など、...

著作権

2012-11-04

1法10条1項は著作物を例示したもの著作権法では著作物を例示している。今後の文化の発展などで新しい著作物はどんどん誕生してくることが期待される。著作権法が例示する著作物は、次のとおり。一 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物二 音楽の著作物三 舞踊又は無言劇の著作物四...

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ