マイベストプロ岡山

コラム一覧

RSS

過半数代表者の選出方法

2022-06-23

過半数代表者選出方法Q 当社は、労働者の労働時間を延長し、又は休日に労働させることができるようにするために、三六(サブロク)協定(労働基準法第36条に基づく協定)を結びたいと思っていますが、その事業...

就業規則の周知義務・周知方法・違反に対する罰則

2022-06-20

就業規則の周知義務・周知方法・違反に対する罰則1.周知義務労働基準法106条は、「使用者は、・・・就業規則・・・を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他...

取締役の監視義務 また責任

2022-06-19

取締役の監視義務問Q1 取締役には、経営陣のすることを監視する義務はあるか?Q2 もし義務があるとした場合、その義務はどのような内容のものか?Q3 その義務は、誰に対する義務か?Q4 会社の債権者が、...

吝嗇家には、大事を任すべからず(教訓法)

2022-06-11

吝嗇家には、大事を任すべからず(教訓法)天勾践を空しゅうするなかれ、時に范蠡なきにしもあらずこれは児島高徳が、勾践を後醍醐天皇に、范蠡を児島高徳に擬して、桜の幹を削って書いた歌である。ここで謳...

二項対立は、アウフヘーベン(止揚)することが肝要

2022-06-10

二項対立は、アウフヘーベン(止揚)することが肝要昨日の随想録で、アメリカの企業はロビー活動にお金をかけていること、新たに開発したビジネスモデルが、他国であって法律がないため事業化できない場合は、...

ロビー活動の功罪やいかん

2022-06-09

いささか旧聞に属する話ではあるが、2017年(平成29年)6月に住宅宿泊事業法(いわゆる「民泊新法」)が制定された。これにより、それまではできなかった宿泊を希望する顧客と民泊用建物を提供する建物所有者間を...

終わりの始まりの日とデュー・プロセス・オブ・ロー

2022-06-04

終わりの始まりの日とデュー・プロセス・オブ・ロー1.終わりの始まりの日2022年2月24日は、後世、歴史に残る、終わりの始まりの日と言われるのではなかろうか。それは、帝国主義・専制主義の終わりの始まり...

法律家は、すべからず、名著「過失犯の構造」を読むべし!

2022-06-02

法律家は、すべからず、名著「過失犯の構造」を読むべし!九州大学の刑法の教授であった、井上正治(まさじ)が、 日本刑法学会選書 1 「過失犯の構造」を著したのは、1958年12月であった。A5判 282ページか...

二つの義務の違い

2022-06-01

二つの義務の違いQ 民法上、二種類の「義務」があると聞いたことがあります。その違いを教えてください。1.義務の内容A 二種類の「義務」とは、①「契約上の約束を履行する義務」と、②「不法行為上の...

ビジネスの要諦、那辺にありや?

2022-05-31

ビジネスの要諦、那辺にありや?新規でビジネスを始めた人や会社の、ときに犯す失敗例の一つに、契約条項作成の失敗がある。その一つに、“悪徳業者のする商法を、当社もしています。」と言わんがばかりの契約...

リスク(危機)管理に、二段あり

2022-05-28

リスク(危機)管理に、二段あり1,リスク(危機)管理システムを巡る論争大和銀行のニューヨーク支店で、一人の銀行員が、上司に無断で、アメリカ国債の簿外取引をし、大和銀行に約1100億円の損害を与えた。...

顧客紹介で対価を得ても大丈夫!

2022-05-27

顧客紹介で対価を得ても大丈夫!前回、産業競争力強化法について、一文を書いたが、その中にある「グレーゾーン解消制度」は、超々便利な制度だ。一例を挙げよう。小売業者は、顧客層が厚い。その豊富な顧...

産業競争力の強化は日本人の悲願なり

2022-05-26

産業競争力の強化は日本人の悲願なり日本の産業競争力は弱い。実に弱い。そう見切ったせいか、我が国に、産業競争力強化法という法律がつくられた。2013年(平成25年)のことだ。その第1条には、「我が国経...

消費者契約法の改正

2022-05-25

消費者契約法の改正近々、消費者契約法が改正されることになります。改正されると、消費者は、一の場合は、取消しができることを知った時から1年間は、消費者契約の取消しができることになります。また、二の場...

世界が広がる

2022-05-24

世界が広がる民事裁判の手続きがIT化されることになった。2022年5月18日に、それを可能にする改正民事訴訟法が成立したからだ。時期は、2025年度までに、段階的なものになるが、やがては訴状の提出、口頭弁論...

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのコンテンツ