まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

公用文の書き方 28 「ます」体で書く場合,「である」体と混用しないこと

公用文用語

2014年10月4日

公用文を書く場合、文体は「である」体が原則ですが,公告、告示、掲示、通達、通知、伺い、照会、回答、報告などは、できるだけ「ます」体を用いることとされており,最近は「ます」体が増えてきている,といわれています。

 「ます」体で書く場合の注意事項の1つに,「である」体と「ます」体の混用をしないことがあります。
例えば、「・・・から通達があったので、以下のとおりお知らせします。」という文は,「である」体と「ます」体の混用になっています。
 正しくは、「である」体の場合は、「・・・から通達があったので、以下のとおり通知する。」と書くことになり、「ます」体の場合は「・・・から通達がありましたので、お知らせします。」と書くことになります。

 公用文以外の文章を書く場合も,意外に「ます」体と「である」体の混用が多いようですので,注意が要ります。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ