まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

公用文用語 送り仮名の付け方の本則・例外・許容の意味

公用文用語

2014年6月22日

1,仮名遣いは,
「現代仮名遣い」(昭和61年7月1日内閣告示第1号)に従うことになっています。

2,送り方の付け方は,
「送り仮名の付け方」(昭和48年6月18日内閣告示第2号・改正昭和56年10月1日内閣告示第3号)に
従うことになっています。

2,送り仮名の付け方の本則・例外・許容の意味
「送り仮名の付け方」には,法則(きまり)があります。
この法則は「通則」といわれます。
通則には,本則・例外・許容があります。

①本則とは,基本的な法則のこと。したがって,文章を書くときは,原則として,本則に従った送り仮名の付け方をします。

➁例外とは,本則によらず、例外とされたものによること。したがって,例外とされた送り仮名を使うべきところでは,本則に従うことはできません。例外とされた送り仮名を使うことになります。

③許容とは,本則によってもよく,許容によってもよい,とされているものです。この場合は,本則,許容のいずれを使ってもまかいませんが,許容に従つてよいかどうか迷うときは,本則によるものとされています。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ