まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

19 売主の責任3 不法行為責任

不動産法(売買編まとめ)

2015年11月8日 / 2015年12月10日更新

(1)瑕疵+売主の故意又は過失=不法行為責任
 瑕疵があれば,売主に瑕疵担保責任が生じますが,これに売主の故意又は過失があるときは,不法行為責任が発生します

(2)損害賠償の範囲は広い
 不法行為責任の範囲は,瑕疵担保責任が及ぶ範囲を超えて,逸失利益や慰謝料,弁護士費用にまで広がります。転売目的で買い受けた不動産の転売で得られる利益(「逸失利益」といいます。)や慰謝料,それに訴訟をする場合の弁護士費用も,損害賠償の対象になるのです。

 京都地裁平成19年10月18日判決は,建売住宅の建築販売業者が販売した建物の多くに、売却後間もないころから傾きやひび割れ等が発生したことは「隠れた瑕疵」になるが,これは業者が適切な地盤対策を講じなかったこと過失によるものであり不法行為が成立する。また,これに加えて,京都市によって実施された排水路改良工事によって、上記各建物の傾き、ひび割れ等の程度が拡大したこと等については,京都市が必要な地盤調査を怠ったうえ適切な工法を採用しなかったことが原因であるとし、両者の共同不法行為責任を認め,建物をジャッキアップして地盤改良をし,建物を補修する費用や工事期間中の住居費用など,信頼利益のほかに,慰謝料及び弁護士費用も認めています。



(3)期間も長い
 不法行為責任を追及できる期間も,瑕疵担保責任期間よりも長く,不法行為を知った時から3年,不法行為の時から20年です。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ