まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続相談 30-2 では、相続財産の売却代金は?

相続相談

2012年8月10日 / 2012年8月15日更新

Q 父が遺言書を書かないまま亡くなりました。相続人は母と兄と私の3名です。遺産分割はまだしていませんが、相続財産のうちA宅地を、県の開発公社が買いたいというので、売ることにしました。売買契約は兄に任せました。兄は開発公社と売買契約を結んで、代金を受領しましたが、これは、相続財産であるA宅地がお金になったものだから相続財産になる、だから遺産分割で取得者が決まるまで分けることはできないと言いますが、そうですか?

A いいえ。
相続財産であるA宅地を売ったときの代金は、相続財産ではありませんので、その代金が遺産分割の対象になることはありません。
その代金は、A宅地の共有持分に応じた金額に分割されて、各相続人が、直接買主に対し請求できます(最判昭54.2.22)。あなたの場合、県の開発公社にA宅地を売るとき、いったん、共有名義にしているはずですので、その持分に応じた分割された代金の請求が開発公社に対してできるのです。その代金の受領をお兄さんに委任し、お兄さんが代金全額を受領している場合は、お兄さんに対し、あなたの持分に応じた金額の請求ができます(同最判)。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ