まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続相談 30 現金であったものが、預金になったとき

相続相談

2012年8月10日 / 2012年8月15日更新

Q 父が亡くなった時、父は金庫の中に現金を置いていましたが、父が亡くなった日の翌日、兄が、その現金を、自分の名前で、銀行預金にしました。
この場合、私は、兄に、その1/2を返せと請求できますか?
なお、父の相続人は、私と兄の2人です。父は遺言書を書いていません。

A できません。
現金は、債権ではなく、動産ですので、相続人は、遺産分割までの間は、金銭を保管している他の相続人に対し、自己の相続分に相当する金銭の支払いを請求することはできません。その後、その現金が相続人の1人の名で預金された場合でも、その理は変わりません(最判平4.4.10)。現金は、その後預金された場合でも、遺産分割で取得者を決めなければなりません。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ