まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続相談 14.11.20のコラムに関する質問に対する回答

相続相談

2015年1月11日

御質問をいただきました。
14.11.20のコラムで,私は,相続分の放棄をした場合に,他の相続人の相続割合に,どのような効果を生じさせるかを解説しましたが,このときの計算式がよく分からないという質問をうけました。そこで,お答えいたします。
質問された方の質問は,相続人が,妻,長男,次男及び長女で,各相続人の相続分が,妻3/6,長男1/6,次男1/6,長女1/6)という場合に,長女が相続分を放棄すると,長女の相続分である1/6は他の相続人に上記の割合すなわち妻3/6,長男1/6,次男1/6,の割合で割り振られるのではないか?という御質問です。
答えはそのとおりです。
ですから,これにより,長女の相続分である1/6は,妻,長男,長女に,3対1対1の比率で割り振られます。
その結果,長女の相続分であった1/6は,そのうちの3/5が妻に,1/5が長男に,1/5が次男に移転するのです。
これにより全相続人の相続分は,妻は,元々の3/6に長女の1/6の3/5が加わり,通分すると,3/6+1/6×3/5=15/30+3/30=18/30=3/5になり,長男と次男はそれぞれ1/6+1/6×1/5=5/30+1/30=6/30=1/5になるのです。
しかし,こんな複雑な計算方法ではなく,
①全相続人の相続分を,分母を同じ数にして通分する。 → 妻・・3/6,長男・・1/6,次男・・1/6,長女・・1/6
➁相続分の放棄をする長女の相続分のうちの分子1を,妻と長男と次男それぞれの相続分の分母6から引くという簡便な方法ですると簡単だということです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ