まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

コラム

春眠暁を覚えず〜不眠症対策〜【山梨 漢方 沢田屋薬局】

不眠症

2013年3月26日 / 2018年9月13日更新

毎晩ぐっすり眠れていますか??



『春眠暁を覚えず』

そんな季節に近づいて来ました。

しかし、現代社会ではこの『睡眠』に問題を抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。

東洋医学で大切にされている『三快』とは?



東洋医学に三快(さんかい)という基本的な考え方があります。これは私たちが生活してゆくためのもっとも基本的なことと言えます。

では、その三快とは・・・・?答えはいたってシンプルです。それは『快食』『快眠』そして『快便』です。

快食・快眠・快便なんて今風な言い方と思っている方がいるかもしれませんが、東洋医学では古来より『三快四診(さんかいししん)』と言って、患者さんの病気を診察する際に昔のお医者さんが行なってきたことです。

パソコンとにらっめこしてませんか?医術の基本・四診とは?



三快は前述の通りですが、四診とは以下の4つのことです・・・・

望診・みること

聞診・きくこと

切診・患部を触ること

問診・たずねること

(極めて簡単に表現しております)

この4つは当然ですが今の医療でも診察の際、行なっていることだと思います。

最近はパソコン画面とにらめっこのお医者さんがたまにいるとは聞きますが・・・(^_^;)
ごく一部の方だと思いたいですね(笑)

さて、お題の不眠症ですが、なぜ現代はこれだけ不眠症の方が多いのでしょうか?

皆さんの周りでも大勢の方が睡眠に何らかの問題を抱えている方がいらっしゃると思います。

それもそのはず、近年日本人は5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えており、10人に1人が不眠症に悩んでいるという調査報告も出ています。

特に中高年になるとその割合が高くなり、さらに今や国民病とも言われている『うつ病』との相関関係が極めて高いとも言われています。

一口に不眠症と言っても様々なタイプがあります。

・布団に入ってもなかなか寝付けない『入眠障害タイプ』

・睡眠時間を十分とっていても熟睡した感覚を得られない『熟睡障害タイプ』

・夜中に何度も目をさましてしまい、再度寝付くの難しい『中途覚醒タイプ』

・朝早いうちに目が覚めてしまう『早朝覚醒タイプ』

医師の処方薬はそれぞれの症状によって使用するお薬が変わる場合もあります。

当然ですが、きちんと診察を受けて服用し、原因をしっかりと考える(なぜ??不眠症になったか?)ことが大切です(病は原因ありて結果あり)。

次回は不眠症の原因について考えます。

沢田屋薬局のHPはこちらから

http://www.sawataya.com



ブログもぜひ御覧ください

http://ameblo.jp/sawataya1084/





健康相談・各種健康測定ご希望の方は
ご予約のお電話・
メールをいただくと
待ち時間が少なく便利です。



お電話はこちら
   ↓
(午前9時~午後7時)

℡ 055-262-2030



メールの方はこちらから
   ↓

info@sawataya.com



この記事を書いたプロ

早川弘太

早川弘太(はやかわこうた)

早川弘太プロのその他のコンテンツ

Share

早川弘太のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
rss
ブログ
2018-09-20
facebook
Facebook

早川弘太プロのその他のコンテンツ