まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

コラム

不妊症の原因を考える〜生理痛なくて当たり前!?〜【山梨 漢方 沢田屋薬局】

不妊症

2013年8月6日 / 2018年10月11日更新

多くの女性がお悩みの生理痛。

生理痛は女性の健康とは切っても切れない関係にあります。

生理痛は不妊症でお悩みの方が持っている症状の1つであり、ややもすれば『え!?生理痛なんてみんなあるんでよ??』

なんて思っている方も多いと思います。

生理は世の中のすべての女性に起こる生理現象で、世の中の半分が女性ですから、全人類の半分の方に起こる自然な生理現象です。

その生理がそれほどつらくなるものなのでしょうか?果たして『当たり前』の症状なのでしょうか?

今回は不妊症のもっとも大きな原因とも考えられる生理痛についてお伝えしたいと思います。

僕は生理痛を大きく二つわけて考えます。

一つ目は生理が始まる頃から刺されるように強く痛み始めるタイプ。

2つ目は生理初期はあまり痛みが少なく、少し痛む程度ですが、生理後半になるとシクシク痛みが強くなっていくタイプ。


女性にとって生理とは毎月、自分自身の体調や健康を知ることができる時期です。

生理痛は『体と心のバランスを崩しているよ』という合図でもあります。

生理のときはいつむ鎮痛剤を飲むなど、その場しのぎの対応をする方が多くいらっしゃいますが、毎日を健康に過ごすためにも自然にスッキリと毎月の生理を迎えられるような体にしていきたいですよね(^O^)

次回は2つに分けたタイプ別の生理痛についてお届けします。

子宝相談・婦人科系のお悩みは沢田屋薬局までお気軽にご相談ください。詳しくはHPを御覧ください。

http://www.sawataya.comhttp://www.sawataya.com



沢田屋薬局は個室相談室も完備しております。お気軽にご利用ください。

この記事を書いたプロ

早川弘太

早川弘太(はやかわこうた)

早川弘太プロのその他のコンテンツ

Share

早川弘太のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-19
rss
ブログ
2018-10-18
facebook
Facebook

早川弘太プロのその他のコンテンツ