まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

コラム

県内でも大流行「手足口病」

子供の健康

2011年8月5日 / 2011年8月29日更新

今朝のYBSラジオを聞いていると、山梨県内でもある感染症の患者さんが急増している、とのニュースが流れていました。

そう、「手足口病」です。

ヘルパンギーナや水いぼと並び夏に流行する感染症ということでよく「プール熱」などと呼ばれています。

手足口病(ヘルパンギーナもほぼ同じと考えます)は残念ながら現在、これといった治療薬がないため、病院にいって処方される薬も解熱剤のみがほとんどです。

手足口病に感染のおそれがある場合は、その確認も含めて速やかに受診をしましょう。


手足口病のように子供がかかりやすい病気、子供の健康全般に言えることですが、体力のない子供こそ、「治療より予防」ではないでしょうか?

同じ手足口病にかかっても1~2日で治る子供、1週間も苦しむ子、その違いは何でしょう?

手前味噌ですが、先月うちの息子も手足口病になりましたが、発熱は1日でなくなり、トータルでも3日ほどで全開しました。日頃から体力をつけておく必要を改めて痛感しました。


予防としては基本のうがい・手洗いはもちろんですが、お子様でも服用できる安心の滋養強壮剤や板藍根などを含んだ漢方茶などを飲んでおくと体力的にも安心かもしれませんね。


手足口病はたいした病気じゃないと思っている方も多いと思いますが、一歩間違えると脳炎や髄膜炎を併発する軽視できない病気です。

ですから、40℃以上の高熱が出ている時点で、とくにお子様の場合は熱性けいれんの予防の意味でも市販の解熱薬の服用などは注意が必要でしょう。

私はそのような高熱の場合は解熱効果のある漢方などをお勧めしています。


しかし、これだけ手足口病が爆発的に流行するのは残念ながら子供たちの自然治癒力や免疫力・カラダの抵抗力が低下している証拠です。なんとかして行かないと行けませんね。

子供たちの健康を守ること、治療薬漬けにしないこと、そのようなことも健康アドバイザーとしての僕の役割じゃないかと勝手に思っております。

とにかく、感染症の基本は「長引かせない」「移さない」です。

冷たい飲食やエアコン・扇風機で体力の低下をしている子供が増えています。外で元気に遊ぶことは何より大切。ぜひ私たち大人ができる対策をしてあげましょうね。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇最新情報◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


8月末まで夏の血流測定会開催中です(^_^)v



http://mbp-yamanashi.com/sawataya/seminar/

詳しくは上のリンクをご覧下さいね~


◇◇◇◇◇◇◇マスコミ・雑誌掲載情報◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


☆レミオロメンの特集・数々の企画連載が好評のタウン誌
「Hope(ホープ)」に健康アドバイザーとしてコラムを
掲載中
~県内各地にて無料配布中~
最新号はレミオロメンライブレポートなどです(^O^)



☆山梨のグルメ情報誌「ポケこあ」最新号にて健康コラムを連載して
おります。最新号は山梨県のラーメン特集です(^^)v

~県内書店・コンビニにて好評発売中~



☆FM甲府のラジオ番組に健康アドバイザーとして出演中
毎月第一水曜日の午後13時20分頃より出演しております。
\(^o^)/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇HP・ブログのご案内◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

アメーバブログにてブログを公開中!

★さわたや薬局9代目・漢方徒然日記★


http://ameblo.jp/sawataya1084/

★Twitter★

適につぶやいております~

http://twitter.com/sawatayaph



☆さわたや薬局のHP☆


http://www.geocities.jp/sawataya1084/



☆携帯用さわたや薬局HP☆


http://www.sky.geocities.jp/kouchan4650/




☆マイベストプロ山梨の早川弘太のページ☆


http://mbp-yamanashi.com/sawataya




この記事を書いたプロ

早川弘太

早川弘太(はやかわこうた)

早川弘太プロのその他のコンテンツ

Share

早川弘太のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
rss
ブログ
2018-09-20
facebook
Facebook

早川弘太プロのその他のコンテンツ