マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム一覧

RSS

これからの雨漏り⑧~防水材の進歩がもたらしたもの

これからの雨漏り⑧~防水材の進歩がもたらしたもの

2018-10-19

雨漏り

⑥に書いたように現代の家は防水材の性能が上がったことでどこから漏ったのかすぐに分かりません。広範囲に広がりながら水が浸透していきますから、雨水が漏っている場所を簡単に断定できません。気づくのも遅く...

これからの雨漏り⑦~断熱材へ水が入ると

これからの雨漏り⑦~断熱材へ水が入ると

2018-10-16

雨漏り

外壁材、防水シートを通過した雨水は壁の中に入ります。内断熱で壁の中に繊維系断熱材を使用していると繊維の中に水が浸透することになり、断熱性能は落ちて行きます(断熱材は空気を閉じ込めて熱を絶ちますが、水...

これからの雨漏り⑥~材料が頼り

これからの雨漏り⑥~材料が頼り

2018-10-12

雨漏り

今回の内容は、コラム「築30年で初めて漏った家⑨」(コラム;「築30年で初めて漏った家⑨」 参照 )に一部の内容が重なります。前回書いた20年くらい前の家までは、フェルトのような防水シートでは雨漏りは防げ...

これからの雨漏り⑤~20年ぐらい前の家は

これからの雨漏り⑤~20年ぐらい前の家は

2018-10-10

雨漏り

前回、最近の家の外壁の雨漏りについて書きましたが、少し前までの家は壁の材料が違うためもっと簡単に雨が入ってきました。雨漏りすればすぐに分かったのです。20年ぐらい前まで、下の図に書いたようになって...

これからの雨漏り④~雨漏りに気づかない

これからの雨漏り④~雨漏りに気づかない

2018-10-05

雨漏り

①に書いようなサッシ周りからの雨漏りは、サッシが金属で水を吸わないため雨水はサッシを伝わって、すぐに家の中に入りサッシの木枠の隙間などから水が漏れてくるため発見しやすいのですが、外壁からの漏水は現代...

これからの雨漏り③~異種材の間で

これからの雨漏り③~異種材の間で

2018-10-02

雨漏り

どんな材料も、温度変化で人の目ではわからない程でも温められれば伸び、冷えると縮みます。シーリング材は隙間を埋めるのですが、同じ材料どうしの隙間を埋める場合と異なる材料の隙間を埋める場合があります。...

これからの雨漏り②~シーリング材の寿命を考えると

これからの雨漏り②~シーリング材の寿命を考えると

2018-09-28

雨漏り

コラム「軒のない家」(コラム;「軒のない家」 参照 )に書いたように軒が出ていない家は日本の気候に合っていません。日本の雨の降り方は時期によっては短時間に集中的に降りますから(コラム;「雨漏り⑥」 ...

これからの雨漏り①~通りすがりの家で

これからの雨漏り①~通りすがりの家で

2018-09-25

雨漏り

数ヶ月前に、通りがかりに見た家で雨漏りの修理をしていました。朝から足場を架け、二階のサッシの前に2,3人がいて修理していました。窓のシーリング材を直していたようです。シーリング材の打ち直しと判断した理...

樋について⑪~軒樋のごみ

樋について⑪~軒樋のごみ

2018-09-18

このコラムは、角樋が増えていることについて気になり、調べることで書きました。角樋の排水にサイフォンの原理を利用していることは正直ビックリしました。でも同時に疑問もあり、前回はそのことついて書きまし...

樋について⑩~サイフォン現象の疑問

樋について⑩~サイフォン現象の疑問

2018-09-14

今回は③の角樋がサイフォン作用を利用しているため、今までの樋よりも雨水を一気に流せることについて出来すぎでは…と思ったことについてです。建築でサイフォンと聞くと洋式トイレが思い浮かびます。洋式トイ...

樋について⑨~竪樋を接着すると

樋について⑨~竪樋を接着すると

2018-09-11

今回は⑦の終わりに書いたたて樋と下水管の話です。排水管は地面の中を通り道路の雨水用の下水管に繋がっています。排水管は地面に埋めますから、管の厚みが樋の管よりも厚く出来ています。樋の配管よりも丈夫な...

樋について⑧~ベランダの排水

樋について⑧~ベランダの排水

2018-09-07

今回は、ベランダの排水についてです。ベランダの排水は、ベランダの排水ドレンに接続した配管の下に受け桝で受けるようにしていました。排水ドレンと接着していません(下図参照)。⑦と同じように雨水が多ければ...

樋について⑦~接着

樋について⑦~接着

2018-09-04

樋の各部材は、接着剤で取り付けます。集水器、エルボ、たて樋各部で接着します。但し、普通は集水器と軒樋、たて樋と排水管の接続部分は接着しません(下図参照)。接着しなかったら、雨水が漏れてしまうと思...

樋について⑥~エルボ

樋について⑥~エルボ

2018-08-31

エルボとは。②に書いた絵の中で、たて樋が曲がるときに使う部材です。たて樋は壁に固定しますから、軒0の屋根でなく屋根が壁から出ている家では必ず2個のエルボを使用しないと壁に固定できません(下図参照)。...

樋について⑤~日本の雨

樋について⑤~日本の雨

2018-08-28

このコラムは「雨漏り⑥」(コラム;「雨漏り⑥」 参照)と内容が重なります。日本の年間降水量は世界平均の約2倍、しかもその降り形は平均的でなく、季節によって集中的に降ります。冬に雪が少ない太平洋側では...

鈴木敏広プロのコンテンツ