マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム一覧

RSS

バルコニーのない家①~最近の見るようになったバルコニーのない家

バルコニーのない家①~最近の見るようになったバルコニーのない家

2022-06-21

ここ何年かでバルコニーが小さくなったと思っていたら、全くない家が増えているようです。昔は道路に向いた面はバルコニーがあるのが当たり前で、それもなるべく大きなバルコニーが付いていました。記憶があい...

太陽光義務化の疑問⑥~今度は電力逼迫注意報?

太陽光義務化の疑問⑥~今度は電力逼迫注意報?

2022-06-14

5月17日に電力が逼迫するとき注意報の発表する経産省の発表がありました。3月は警報でしたが、出されるのが遅いと言われたらしくもっと早く出せる注意報を作るらしい。どちらも内容も同じなので初めから警報を早...

都の太陽光義務化の疑問⑤~電気はバランスを大切に

都の太陽光義務化の疑問⑤~電気はバランスを大切に

2022-05-31

日本は、雨の多い国です。ということは太陽光パネルの発電に向いている国ではないと私は思います。雨が降らない、晴ればかりの国が向いているのです。同じ再生エネルギーに風力発電がありますが、風力発電も同じ...

都の太陽光義務化の疑問④~2020年度の賦課金は2.4兆円

都の太陽光義務化の疑問④~2020年度の賦課金は2.4兆円

2022-05-25

記事の後半は、キャノングローバル戦略研究所研究主幹の杉山大志氏のコメントが書いてありました。「2020年度の賦課金は2.4兆円で国が例示する150万円の太陽光パネルの100万円はこの賦課金で国民全体が負担してい...

都の太陽光義務化の疑問③~電力会社は発電所を減らしている

都の太陽光義務化の疑問③~電力会社は発電所を減らしている

2022-05-17

太陽光などの再エネが増えたため、電力会社は古い火力発電所などを休廃止しています。晴れて太陽光発電すれば火力発電は動かさなくてもいいのですから、こんな効率の悪い設備を維持する理由はありません。まして...

都の太陽光義務化の疑問②~条件が良くないと発電量は落ちる

都の太陽光義務化の疑問②~条件が良くないと発電量は落ちる

2022-05-10

太陽光パネルは、天気が良くても例えば隣の家の屋根の影がパネルにかかれば発電量が減ることを知らないのでしょうか。影がどのようにかかるかによって発電量の低下は変わりますが、東京のように住宅が密集してい...

都の太陽光義務化の疑問①~週刊新潮の4月28日号の記事から

都の太陽光義務化の疑問①~週刊新潮の4月28日号の記事から

2022-05-01

週刊新潮の4月28日号の記事に「東京都太陽パネル義務化」の記事がありました。都が2000㎡未満住宅やビルの新築物件の屋根に太陽光パネルの設置を義務付ける制度の検討に入ったとの内容です。すでにニュースで少し...

夏型結露2⑫~可変透湿気密シート使用の疑問

夏型結露2⑫~可変透湿気密シート使用の疑問

2022-04-19

記事では、⑤に書いたように可変透湿気密シートを使用することで、内部結露を抑えることができるとなっています。記事では内壁をめくり水蒸気を含んだグラスウールを撤去し、乾かしてから新しい断熱材を入れ壁の室...

夏型結露2⑪~新しい内部結露がどのような影響を与えるのかわからない

夏型結露2⑪~新しい内部結露がどのような影響を与えるのかわからない

2022-04-12

一番怖いのは、内部結露がどれぐらいの影響があるかわからないことです。⑨に書いたように平成25年改正から現在までずっとこの基準で建てられていますから、これから記事のような家が増えることになります。春...

夏型結露2⑩~高気密高断熱住宅は何のためか

夏型結露2⑩~高気密高断熱住宅は何のためか

2022-04-05

高気密高断熱住宅を勧める理由は省エネです。国は今から8年ほど前の平成25年基準として新しい断熱基準を施行しました。基準の内容はその前年に発表されていますから、大手の住宅会社や規模の大きなビルダーなどは...

夏型結露2⑨~内部結露の恐ろしさ その2

夏型結露2⑨~内部結露の恐ろしさ その2

2022-03-29

内部結露は住宅の能力を低下させます。四つの被害が考えられます。一つ目は、前回書いた木材の劣化です。腐朽菌によって木材が傷めば強度が下がることになります。二つ目は、一つ目とのつながりで壁の中の構...

夏型結露2⑧~見えない内部結露の恐ろしさ

夏型結露2⑧~見えない内部結露の恐ろしさ

2022-03-15

この記事で、改めて内部結露の恐ろしさを知りました。内部結露は通常は見えません。この記事のように10年ほど経って床にシミができてはじめて気づく、そして、その被害はその外壁に面した壁全体に広がっている。...

夏型結露2⑦~2重通気工法

夏型結露2⑦~2重通気工法

2022-03-08

以前の断熱工法ではこのような事は起こりませんでした。現代の断熱工法だと起きる理由は、断熱材の性能が上がったためです。断熱性能が上がるとは、断熱材の密度が上がる(断熱材自体の性能を上げる)又は厚みが厚...

夏型結露2⑥~二つの内部結露

夏型結露2⑥~二つの内部結露

2022-02-15

コラム「断熱より結露対策」で書いた内部結露は、壁の中で結露して外壁のサイディングが水蒸気を吸い、柱や梁などの木材部分と断熱材の部分がハッキリするほどになっていることでした。コラムで私はその理由をお...

夏型結露2⑤~可変透湿気密シート

夏型結露2⑤~可変透湿気密シート

2022-02-08

記事では、内壁をめくり水蒸気を含んだグラスウールを撤去し、乾かしてから新しい断熱材を入れ壁の室内側に可変透湿気密シートを張る工事をしたようです。可変透湿気密シートとは冬には今までの防湿シートと同...

鈴木敏広プロのコンテンツ