マイベストプロ愛知

[注文住宅・住宅設計]の専門家・プロ …4

愛知県の注文住宅・住宅設計の専門家・コンサルタント

愛知県に拠点を構える注文住宅・住宅設計に関する専門家、プロのプロフィール、実績、コラム、費用や口コミ、評判などから相談相手を探せます。「人生で1番高い買い物」の一つと言われる住宅づくりにおいては、自分たちの理想やこだわりを実現したいという人が多いでしょう。 自由度が高い注文住宅には、さまざまな専門家が携わっています。例えば、土地探しをサポートしてくれる不動産業者や住宅設計を担う建築設計士、内装デザインについてアドバイスをしてくれるインテリアコーディネーター、実際に工事を行う工務店や大工職人、庭や外構づくりのプロや住宅ローンの相談にのってくれる専門家などが挙げられます。 「自然素材を用いた家づくりをしたい」「狭い敷地を有効活用したい」「予算を抑えつつ、自分たちのこだわりを反映したい」など、住まいに対する思いをかなえるためには、施主の声に耳を傾け、細やかに提案してくれる専門家との出会いが大切です。 愛知県拠点に活動する専門家・プロと相談しながら「すてきなわが家」を手に入れましょう。

現在の検索条件

愛知県×注文住宅・住宅設計

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

朝倉昌和

このプロの一番の強み
異なる得意分野をもった建築工事のプロフェッショナル集団

[愛知県/注文住宅・住宅設計]

一人一人が得意分野を生かすことで、最高のパフォーマンスを発揮

 「例えば、水泳選手の中にも、クロールが得意な人と平泳ぎが得意な人がいるように、同じ種類の工事をする職人さん一人一人にも、得意な分野と不得意な分野があります」と話すのは、自身も石職人として長年の経...取材記事の続きを見る≫

職種
職人コーディネイター、 石職人
専門分野
石工事、タイル工事、左官工事、外構工事など、主に各種仕上げ工事を得意としています。
会社名
株式会社プラスストーン
所在地
愛知県日進市浅田町平池28-13

鈴木敏広

このプロの一番の強み
設計から修繕まで木造住宅のことならなんでもおまかせ

[愛知県/注文住宅・住宅設計]

木造住宅の新築、リフォーム、修繕、耐震診断、防犯対策など家に関する相談に対応

 1955年に豊橋市で創業して以来、半世紀にわたり、家づくりやリフォーム、修繕を行ってきた「まちの大工さん 鈴木工務店」。一級建築士としても活躍する代表の鈴木敏広さんは、住のスペシャリストとして木造住...取材記事の続きを見る≫

職種
一級建築士
専門分野
●木造住宅の新築工事●リフォーム工事に関する設計、施工、監理●建築工事に関すること全般
会社名
まちの大工さん 鈴木工務店
所在地
愛知県豊橋市菰口町5丁目85番地

石川真伍

このプロの一番の強み
事業計画から設計、デザイン、施工までワンストップで対応

[愛知県/注文住宅・住宅設計]

完成までのスケジュールや予算を見える化。設計、デザイン、施工管理までワンストップで対応

 「店舗展開されるクライアントさまにとっては、スピードが命です。当方では、完成までの工程や費用を“見える化”して迅速に提示。急な変更があった場合も、概算予算やスケジュールをその場で分かりやすくお伝え...取材記事の続きを見る≫

職種
一級建築士
専門分野
会社名
株式会社IXSA
所在地
愛知県名古屋市東区泉一丁目21-35-101

鶴田昌生

このプロの一番の強み
個人住宅をはじめ、さまざまな建物を手がける幅広い対応力

[愛知県/注文住宅・住宅設計]

住宅から事業用建物まで幅広い対応! 夢を実現する一級建築士事務所

 「コラボレーションするような気持ちで、家づくりをしたいですね。建て主と一緒になって、夢の家づくりを現実にしたいです」と、鶴田昌生さん。鎌倉の建築設計事務所、名古屋の設計会社を経て、鶴田さんは2006...取材記事の続きを見る≫

職種
一級建築士、 建築家
専門分野
木造(全般)、鉄骨造、鉄筋コンクリート
会社名
クレイン建築設計
所在地
愛知県名古屋市北区山田町4-50  ニューセンチュリー301号

依頼先の選択肢

一級建築士

一級建築士は、長く住み続けられる唯一無二の理想の家づくりをサポートします。住む人が安全に過ごせる構造設計と、快適に過ごせる室内環境を整える設備設計、意匠設計で住宅を美しくデザインします。 内観、外観、構造、配管のすべてを踏まえた上で、実用性とデザイン性に対応した設計をおこないます。 敷地条件や法的制約、周辺環境との調和なども考慮し、自然エネルギーを利用した家づくりや、伝統を活かした住宅など、理想の家づくりをしっかりサポート。地下室やビデオルーム、趣味のガレージなどこだわりを持って家づくりをする方や狭小住宅、視界などを重視した特徴のある家づくりを検討している方に向いているでしょう。

不動産コンサルタント

住宅を建てる際、門塀などの外構工事費用や、内装にかかる工事費用、新居への引っ越し費用に至るまで、さまざまな資金が必要となります。こうした住宅資金の総額をどう分配するか、工法、見積りから施工会社の選定、工事現場のチェックなども行うのが不動産コンサルタントの仕事です。不動産コンサルタントは、お客さまの家づくりパートナーとなり、ライフプランを把握した上で将来を見据えた最善の方法を考えます。売り手ではない中立的な立場だからこそ、お客様が心から納得して選択・決定できるようなご提案をすることができます。入居者に長く楽しんでもらえるような家づくり、リノベーションの相談なども不動産コンサルタントに相談することができます。

住宅ローンアドバイザー

住宅を建てる際、必ず必要になる住宅ローン。しかし、結局どの住宅ローンが1番いいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。住宅ローンの仕組みを理解し、自分の年収や今後の収入の見通しを立てながら最適な住宅ローンを選んでいくのは、なかなか難易度が高いと言えます。住宅ローンアドバイザーは、公正な立場で多種多様な住宅ローン商品の中から、最適な住宅ローンを選ぶことができるようにサポートします。商品の特徴や金利・リスクなど必要な情報についての説明責任を果たし、返済が難しくなると予想される住宅ローンは選択肢から除外するなど、お客さまにとって最善の住宅ローンを提案してくれます。

注文住宅の進め方

注文住宅とは

注文住宅とは、お客様のオーダーを反映してつくる新築一戸建てのことです。新居に求めるこだわりや要望を、建築士がヒアリングしてから設計を行います。 注文住宅は「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の2種類に分類できます。フルオーダー住宅は、使用する木材や断熱材、窓の種類といった仕様から、新築に関わるすべての項目について、依頼者が指定して計画することができます。この場合、自由度は高い反面、建築知識が必要となり、圧倒的に手間とコストがかかります。しかしその分、唯一無二のこだわりのある家をつくることができます。セミオーダー住宅は基本的な仕様が決まっており、風呂や洗面台、トイレ、キッチンなどの住宅設備の色、外壁の色などを依頼者が決めることができます。間取りは依頼者が決めることができるので、必要に応じて設備のグレードアップ・グレードダウンすることも可能です。注文住宅では、セミオーダー住宅を選択する人が圧倒的に多いといわれています。

注文住宅の進め方

注文住宅を建てることは非常に労力や時間がかかりますが、その分完成したときの感動は大きいと言えるでしょう。注文住宅を建てる際の注意点を簡単にご紹介します。
①建築会社との打ち合わせ
打ち合せは計画段階から引き渡しまで幾度となく行われます。こちらの要望を伝えやすくするために資料を用意しておくとよいでしょう。 経験豊富なプロのアドバイスを受けることで、はっとするアイデアを提案してもらえることもあります。イメージがつかない場合は、プロに相談することも大切です。また、疑問点はそのままにせず、質問しましょう。あとで内容を確認するためにも、メモを残しておくのがおすすめです。
②建材の選び方
契約時には基本となる仕様が決まります。木造であれば、構造を左右する樹種を着工前に決めなければなりませんが、内装材などは着工後に変更することも可能です。契約時に決めた工事費からグレードアップするのか、反対にコストダウンするのかは、仕上げ材を選び直すことで決まります。建築士などのプロのアドバイスを参考にしましょう。
③建築開始後
着工後に現場に行くことがあれば、その時点で住宅の構造を見ることができます。設計図持参し、写真に収めておくと構造がよく分かり、今後の参考になるのでおすすめです。

この分野の専門家が書いたコラム

「長期期優良住宅」のギモン2①~前回のおさらい

「長期期優良住宅」のギモン2①~前回のおさらい

2024-04-23

昨年のことですが「長期優良住宅」のギモン⑦を公開した日に、コラムのランキングを見ました。それまでに公開した①~⑥が全てアクセス数上位30位までに入っていました。 私のブログは900以上あるのですが、新しいブログの...

最近の家の作り方2⑫~余談 2025万博の記事から

最近の家の作り方2⑫~余談 2025万博の記事から

2024-04-16

このコラムを作っていた昨年の暮れにこんな記事を見ました。 2025年の万博のパビリオンの記事です。オーストリアのパビリオンの記事ですが、首都ウィーンが音楽の都と言われますから、建物の正面に巨大な楽譜をイメージした...

最近の家の作り方2⑪~構造材と仕上げ材は分けて作らないと

最近の家の作り方2⑪~構造材と仕上げ材は分けて作らないと

2024-04-09

国は建てて30年ほどで解体するのではなく、数世代に渡って使用できるようにしたいようですが、現場はそうなっていません。⑨に書いた接着剤の使用が増えていることや⑧に書いた構造材である合板に接着剤で直に仕上げの床板を張る...

愛知県のよく見られている地域から注文住宅・住宅設計の専門家を探す

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ愛知
  3. 愛知の住宅・建物
  4. 愛知の注文住宅・住宅設計の専門家

© My Best Pro