まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

鈴木敏広プロのコラム一覧:雨漏り

雨漏り

2018-10-23

軒や庇がある家は、その家の立地条件などで異なりますが、雨漏りするところはだいたい決まっています。普通の雨では窓から漏りませんから、風が吹いて普通の雨では掛からない場所から漏ります。たとえば、隣地との境が狭い家の場合に、台風などで一時的に家の間を雨が強い風を伴って抜ける場合に...

雨漏り

2018-10-19

⑥に書いたように現代の家は防水材の性能が上がったことでどこから漏ったのかすぐに分かりません。広範囲に広がりながら水が浸透していきますから、雨水が漏っている場所を簡単に断定できません。気づくのも遅くなるため、長期間雨が漏った状態が続くことになります。当然修理も遅くなり、その間に...

雨漏り

2018-10-16

外壁材、防水シートを通過した雨水は壁の中に入ります。内断熱で壁の中に繊維系断熱材を使用していると繊維の中に水が浸透することになり、断熱性能は落ちて行きます(断熱材は空気を閉じ込めて熱を絶ちますが、水が入ることでその隙間を埋めるため熱が伝わり易くなります)。繊維系断熱材に雨水が...

雨漏り

2018-10-12

今回の内容は、コラム「築30年で初めて漏った家⑨」(コラム;「築30年で初めて漏った家⑨」 参照 )に一部の内容が重なります。前回書いた20年くらい前の家までは、フェルトのような防水シートでは雨漏りは防げないので、大きな窓の上には必ず庇や軒がありました。雨の掛かかる量を減らして雨漏り...

雨漏り

2018-10-10

前回、最近の家の外壁の雨漏りについて書きましたが、少し前までの家は壁の材料が違うためもっと簡単に雨が入ってきました。雨漏りすればすぐに分かったのです。20年ぐらい前まで、下の図に書いたようになっていました。サイディング材、胴縁、アスファルトフェルト、断熱材、内壁材となっていま...

雨漏り

2018-10-05

①に書いようなサッシ周りからの雨漏りは、サッシが金属で水を吸わないため雨水はサッシを伝わって、すぐに家の中に入りサッシの木枠の隙間などから水が漏れてくるため発見しやすいのですが、外壁からの漏水は現代の家では発見しにくくなっています。下の図の外壁の断面を見ると、外壁の構成は外側...

雨漏り

2018-10-02

どんな材料も、温度変化で人の目ではわからない程でも温められれば伸び、冷えると縮みます。シーリング材は隙間を埋めるのですが、同じ材料どうしの隙間を埋める場合と異なる材料の隙間を埋める場合があります。同じ材料どうしの例は、窯業系のサイディングの継ぎ目のような場合です。異なる材料...

雨漏り

2018-09-28

コラム「軒のない家」(コラム;「軒のない家」 参照 )に書いたように軒が出ていない家は日本の気候に合っていません。日本の雨の降り方は時期によっては短時間に集中的に降りますから(コラム;「雨漏り⑥」 参照 )、平均降水量で考えてもダメなのです。集中して大量に降るときの雨を基準で考え...

雨漏り

2018-09-25

数ヶ月前に、通りがかりに見た家で雨漏りの修理をしていました。朝から足場を架け、二階のサッシの前に2,3人がいて修理していました。窓のシーリング材を直していたようです。シーリング材の打ち直しと判断した理由は、夕方には足場は撤去してありましたから、簡単な工事だったと思われるからです。...

雨漏り

2014-11-27

日本の雨は短期間短時間に大量の雨が降ります。(雨漏り5~日本の雨の種類 予備知識3 参照)そのため、あの手この手で雨漏りを防がないといけません。昔の職人達は、シール材や透湿防水シートのような便利なモノはありませんでした。雨漏りしないように、屋根を大きくして雨の掛かる量を減らし...

雨漏り

2014-11-24

雨が漏らない、漏りにくくするためには二つの方法しかありません。1. 雨がかからないようにする2. かかる雨を減らす雨がかからなければ雨漏りしません。また、かかる雨の量が少なければ、外壁を濡らすだけで雨は家の中まで侵入できません。雨が侵入し、ある程度の量が継続的に...

雨漏り

2014-11-20

軒もなく庇もない家は、デザイン優先だけでなく、建築費を減らすためにしているのでは?と思っています。軒が出れば屋根が大きくなり費用が増え、同じように庇を付けても費用が増えます。その為か建て売りやローコスト住宅などでは、このような家が多いのです。フラットの外壁で見た目スッキリした...

雨漏り

2014-11-17

屋根も小さく庇もない家は、とにかく汚れます(コラム:築30年で初めて漏った家5参照)築数年で、窓の下などに黒くなってくるのは、雨が窓枠を伝って流れるために黒く筋が付いていくわけです。どんな雨でも当たりますから雨垂の跡は、ドンドン黒くなります。そして、晴れた日には日差しも当た...

雨漏り

2014-11-13

最近は下の絵のように、ほとんど庇はなく屋根も壁から出ていない家があります。雨が掛からない、かかる量を減らす工夫は全くありませんが、雨は漏りません。その理由は、透湿防水シートと樹脂系シーリング材にあります。ほとんどの家は、窯業系サイディングを外壁材として使っています。...

雨漏り

2014-11-10

このコラムは雨漏りですが、庇にはもう一つ大事な役目があります。庇は窓から入る日射量を調整します。下の図は夏と冬の太陽と家の関係です。夏は暑いですから日射量が少ない方がいい、庇が窓の上にあれば、窓から直接入る日射量を減らすことができます。逆に、冬は家を温めたいので...

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ