まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

これからの雨漏り④~雨漏りに気づかない

雨漏り

2018年10月5日

①に書いようなサッシ周りからの雨漏りは、サッシが金属で水を吸わないため雨水はサッシを伝わって、すぐに家の中に入りサッシの木枠の隙間などから水が漏れてくるため発見しやすいのですが、外壁からの漏水は現代の家では発見しにくくなっています。

下の図の外壁の断面を見ると、外壁の構成は外側から窯業系サイディング、胴縁、透湿防水シート、柱(断熱材)、内壁材となっています。この図は内断熱の場合ですが、外張り断熱の場合は黒い矢印の所に断熱材が入ります。

シーリング材が切れるなどして雨が外壁から侵入するとサイディングの裏に回り、胴縁を伝って透湿防水シートの継ぎ目などから侵入し断熱材に染みて内壁材に伝わります。このように家の中まで入って雨漏れの跡(シミ)ができるまで、たくさんの材料を通らないといけません。

ですから、外壁から侵入した雨水は、前回書いたサッシのように外から中へ真っ直ぐにはいるのではなく、じわじわと広がりながら入ってきますから、家の中で発見する、気づいたときには外壁側ほど広範囲に漏れていることが考えられます。

これからの雨漏り④

次回は、『これからの雨漏り⑤~20年ぐらい前の家は 』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ