まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

これからの雨漏り⑤~20年ぐらい前の家は

雨漏り

2018年10月10日

前回、最近の家の外壁の雨漏りについて書きましたが、少し前までの家は壁の材料が違うためもっと簡単に雨が入ってきました。雨漏りすればすぐに分かったのです。

20年ぐらい前まで、下の図に書いたようになっていました。サイディング材、胴縁、アスファルトフェルト、断熱材、内壁材となっていました。④の図と比べるとアスファルトフェルトが違うだけで同じと思われるかもしれませんが、アスファルトフェルトは紙にアスファルトを塗ったもので簡単に破れました。手でちぎれたのです。現在使用されている透湿防水シートはナイフがないと切れません。強度が全然違うのです。

これからの雨漏り⑤

強度のないアスファルトフェルトは、壁の中に張っていても簡単な力で破れるため「防水性能の維持」には問題が多かったのです。特にサッシとの施工性は悪く、サッシ周りは防水したとは言えませんでした。

また、20年くらい前までは断熱材も現代のように厚くなかった(ため私が住んでいる地域では50mm程)、壁の中は空気層が大きく漏水した水は柱、間柱、鴨居などに伝わり簡単に内壁にたどり着きました。また、土壁の家なら、土壁が濡れてきますからもっと早くわかりました。

次回は、『 これからの雨漏り⑥~材料が頼り』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ