まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化②~昔の家は

地震

2018年5月11日

今回の内容は、コラム「結露②」(コラム;「「結露② 参照 )。と内容が一部かぶります。

日本の住宅は、木と土と草でできていました。柱や梁、床材の木材、壁や瓦の土、草を使う畳、紙の障子や襖などです。昔はそんな材料しかないから仕方がないとも考えられまが、。でも、家は本来、身近にある材料で作るものでした。

日本の土壁は、ただ土を塗るのではありません、三層に塗るたいへん手間のかかる工事です。土が落ちないように竹や細い木を格子に組みます(これを小舞と言います)。この格子(小舞)に藁の入った土を塗った壁を荒壁といいます。荒壁の上に中塗りをし、その上に聚楽壁などの上塗り材で仕上げます。

家の老化②

上記のように土壁は荒壁から仕上げまで3工程あり、前回書いたボロボロ落ちるのは、最後に塗る上塗り材だけです。上塗り材が取れてしまえば、中塗りが傷み始めますがそれまでに上塗りすればまた30年ほど保ちます。

3工程は全て水を加えて塗り易くした状態で施工します。そのため乾燥しないと次の工程に行けません。荒壁を塗って乾燥、中塗りを塗ってからまた乾燥させて上塗りをします。もちろん上塗りも乾燥時間がいります。工事の時間よりも乾燥の時間の方が掛かる工事なのです。

次回は、『家の老化③~土壁の厚み』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ