まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化⑫~下地材が傷む

家の老化

2018年6月22日

①に書いた壁がボロボロしているのは①に書いたように上塗り材だけです。上塗りを塗りかえればまた何十年も持ちます。無垢の木材も色は変わっていきますが、傷んでいるわけではなく、材料としての能力が落ちたわけではありません

ところが、⑥に書いた最近の材料は⑪に書いたように湿度(水)に弱く、徐々に傷んでいきます。もちろん、部屋の形、広さ、風の通り具合など様々な条件で劣化の進み具合は異なると思います。また、生活の仕方も大きく影響し、冷暖房を常時使用する部屋は、温度や水蒸気の差により傷みが早くなると考えられます。

そうして傷んでいくと、合板や石膏ボードは⑨に書いたように下地材としての能力は落ちていきます。傷みがひどくなれば下地材の合板や石膏ボードから変えないと仕上げできません。土壁や木材のように表面の事だけで済まないのです。

②に土壁は時間がかかる工事と書きましたが、塗って乾かす時間がかった分、湿度変化に強く、長期間性能が落ちない材料なのです。現代の材料は、部屋の使用状況によって異なりますが築30年すれば、下地材からめくって張り替えないといけなくなると思われます。

家の老化⑫

⑩に外装材の窯業系サイディングが25年で張替えと書きましたが、内装材も同様なのです。

次回は、『家の老化⑬~現代の家はいつまで… 』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ