まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化⑨~水が鍵

家の老化

2018年6月12日

接着剤を使って作られた材料にとって最大の敵は温度と湿度(水)だと思います。合板や集成材は木を貼り合わせています。一つ一つは木材ですから温度が上がれば膨張、下がれば収縮します。同じように湿度が上がれば吸湿して膨張、湿度が下がれば放湿し収縮します。これを繰り返す(実際、毎日繰り返しています)ことで接着剤と木材は次第にはがれてきます。

はがれてしまえば、製品の寸法は変わり、強度も失われてしまいます。もはや、材料としての性能はありません。



最近、どこの家に使われている石膏ボードの表面の紙は吸湿、石膏も吸湿し、湿度が下がれば乾燥していきますが。これを繰り返すと紙も石膏も強度は失われていきます。

実際に私は30年程経った家で温度湿度の影響で石膏ボードがわずかに薄くなり、簡単に割れてしまうほど強度が落ちていたのを見たことがあります。ボードとしての形を保っているだけで、少し力を入れてつかむと紙に強度がないためつかんだだけ割れました。新品のボードならこのような割れ方はあり得ません。

次回は、『家の老化⑩~水が鍵2』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ