マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

合板の使われ方⑫~合板を下地材として使うことは問題?

2020年1月7日

テーマ:材料について

コラムカテゴリ:住宅・建物

壁の耐力面材は外壁の裏、床に張る合板は床材の下、屋根の野地板に使う合板は瓦などの屋根材の下で仕上げ材の下地として使われています。下地材としてだけでなく⑨と⑩に書いたように家の強度を上げることも兼ねています。

また、合板はビスや釘の保持力が強いため、合板を張ればなんでも取り付けることができます。合板を使えば何とかなる、これも合板が使われる理由の一つです。

合板は普段は見えない場所に使用しているため、その状態を確かめることほぼ不可能です。仕上げ材をめくらないと分かりません。気づかないうちに傷んでいて地震などで大きな被害になるかもしれません。

合板の使われ方⑫

コラム「夏型結露」に書いたような合板を使用した一般的な高気密高断熱住宅では時間の差はあっても、水蒸気で傷んでいくと思われます。⑩に書いた耐震等級を満たした家に合板を使っていて傷んでいれば、等級の意味はなくなってしまいます。合板を下地に使い、かつ、強度を期待するのは長い目で見ればリスクが大きいと思われます。

10年、20年、30年経っても住宅性能が落ちないように作らないといけないのです。

次回は、『合板の使われ方⑬~老化しない耐力壁(コラム「家の老化」より)』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロのコンテンツ