マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

材種は何でもいいのか④~材種による差

2019年3月1日

テーマ:材料について

コラムカテゴリ:住宅・建物

木材の耐久性、耐蟻性(シロアリに強いか)について、一般に使われている材としては以下のようになっています(下の図参照)。

材種は④

耐久性(腐りにくさ)については、国産材ではヒノキ、ヒバ、クリなどが一番上、次がスギ、ナラなど、その下がマツなどとなっています。外国産ではベイヒ、ベイヒバなど→ベイマツなど→オウシュウトウヒ、オウシュウアカマツなどとなっています。

耐蟻性は、国産材がヒバ→ヒノキ、スギ→マツなど、外国産では日本のヒバに該当するものはなく、ベイヒ→ベイマツ、オウシュウトウヒなどとなっています。

オウシュウトウヒとは、いわゆるホワイトウッドの事で、現在ではたくさん使われています。その理由は、柔らかく釘を端に打っても割れない、加工がしやすいなどの理由が考えられます。中には強度だけを取り上げて、ホワイトウッドの強度は高いからという理由で使用している業者もいますが、傷んでしまえば強度が高くても関係ありません。

強度もあり傷みにくい材料を使うことが最も大事なのです。

次回は、『材種は何でもいいのか⑤~東京の材木屋さんの実験』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share

関連するコラム

鈴木敏広プロのコンテンツ