マイベストプロ京都
  1. 人を攻撃する必要をなくすための心得 ~人は自分の意志で行動してるわけではない~

コラム

人を攻撃する必要をなくすための心得 ~人は自分の意志で行動してるわけではない~

2020年6月30日

テーマ:心理学コラム・心理テクニック

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

人は割引、タイムセール、その日限定と聞くと
どうしても興味をそそられるわけです。

一体何事かと思い、今しかない、チャンスを逃すまいと
常に目を光らせています。

ですから安いと聞くとそれが必要のない物でも
つい確保・保有するために購入してしまうんですね。
購入してからのことなんて考えてません。

いわゆる衝動買いと言われる行動ですが
同じように何かが品薄だと聞いた場合でも
危機意識や不安の解消から確保・保有するための行動に走るのです。

それが本当に必要あるかどうかは関係ありません。

このように人の行動(言動)とは周りの状況や
その影響を受けたことによる自分自身の心理状態がそうさせてしまうんですね。
自分では考えて判断しているつもりでも
実際は考えもなしに行動してしまうのです。

これは災害時に取る行動にも同じことが言えます。

人はパニックだったり興奮・緊張状態に置かれると
自分では冷静にしっかり考えて行動してるようでも
無意識に状況に流されて行動してるんですね。

ですから普段の行動でも
自分の(その時の)心理状態によって流されてそうさせられているのではないか?
つまり自分の意志ではないのかも知れないと心得ておく必要があるでしょう。

もちろん自分だけでなく他の人にも同じことが言えるわけです。
皆自分の意志で行動しているわけではないのではないか?ということ。

考えて行動しているようでも実はそうではなく
何かにそうさせられてそうしているのだと考えると
その人の言動にいちいち腹を立てることもなくなります。

その時の状況や心理状態から来る影響がそうさせているだけなのですから。
そこに本人の意志や悪意といった意図はないんですね。
もちろん性格の問題でもなければ、どちらかと言えば性質の問題でしょうか。

何らかの影響や刺激を受けたときに
その人はこういう行動を取る(取ってしまう)ってだけのこと。

このように考えると不必要に人を責める必要もなくなるでしょう。
また、怒りを覚える必要もありません。

だって本人も自分ではわかってないまま(気づかぬまま)
そういう行動をしているのですから。
わかってない気づいてないのであれば
ただ丁寧に教えてあげれば良いんですね。

もちろん教えたところで本人は自分の意志で行動してると思ってますから
いくら丁寧にどんな言い方をしても通じないことのほうが多いですけどね。

しかしそれは自分も相手も皆同じなのです。
このことだけはしっかり心得ておいて、忘れないようにしたいものです。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(京都カウンセリングラウンジ)

Share

関連するコラム

宮本章太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-432-0901

 

ご予約、お問い合わせ、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎

京都カウンセリングラウンジ

担当宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

地図・アクセス

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-07-08
rss
ブログ
2020-07-08
youtube
YouTube
2020-06-25
facebook
Facebook