マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

カテゴリ:
医療・病院

負の感情は自分自身に原因がある場合がほとんど

70a286a30a2d6c1648724295e3763994_m

仕事でミスしたり受験に失敗したりして物事が上手くいかないと、どうしても気分が落ち込んでイライラしたりクヨクヨしてしまいます。
このような負の感情がわき上がってくるのは、たいてい自分自身が原因である場合がほとんどです。
人間関係で相手にイライラするような時でさえも、自身のメンタルが不安定なので相手にイライラしてしまうのであって、調子が良かったり機嫌が良いような時は、相手が同じ事をしていても感情はずいぶん変わってきます。

負の感情がわき上がってきた時どうすれば良いか

ではこのような負の感情がわき上がってきた時にどうすれば良いのかというと、結論から言えば、自分のメンタルを上手くコントロールしてやる事です。
それでは、自分のメンタルを上手くコントロールするにはどうすれば良いのでしょうか?

世には様々なイライラやクヨクヨの解消法がありますが、よく言われるのはマイナス思考からプラス思考に変えるような、考え方そのものを変える方法です。
考え方を変える方法として効果的なのが「認知行動療法」ですが、ここで認知行動療法の意味するところをよく考えてみます。
認知行動療法とは行動を伴うから認知行動療法なのです。
つまりいくら考え方を変えようとしても、行動が伴わなければなかなか考え方だけを変えようとしても難しいのです。

そもそも感情的になっているものを、思考によって冷静に考えられたら苦労はしません。
だからこそ考え方を変えるためには行動を伴う必要があるのですが、行動と言っても体を動かす事のみが行動なのではなく、何かを実践したり取り組んだりする事も行動すると言えます。

認知行動療法の実行

そのためにまず行って頂きたいのは、今イライラしている、今クヨクヨしているという負の感情がわき上がってきている現状を受け入れる事です。
何とか感情を抑えようとするのではなく負の感情をありのまま認める事。
つまりこれが認知するという事です。
そしてしっかりと認知したら、次は受け入れた感情を整理するための行動をします。

その行動とは、まずは冷静になる事が何よりも先決で、とにかく感情を抑え込もうとするのではなく、イライラしているならイライラしきってしまえば良いのです。
クヨクヨしているならクヨクヨしてしまえば良いのです。

そしてしばらくして落ち着いて来たら、今度は冷静に考えられるチャンスです。
さっき自分の中でわき上がっていた負の感情に対してなぜそうなったのか?何が原因だったのか?ではどこが問題だったのか?などを客観的に考え、そして今度同じように負の感情がわき上がってきた時はどうすれば良いのかを改めて考えるようにしてみてください。

そのうちに、さっきまでわき上がっていた負の感情は解消してしまいますし、思考もプラス思考に転換されるので、上手く自分のメンタルをコントロールする事ができるでしょう。

ここまで来たら後は実践するのみです。
これが認知行動療法の行動するという事なんですね。

何でも最初から整理できてないままの頭を使って考えようとするのではなく、まずはありのままを認めて落ち着いてから、それから頭の中を整理して具体的に行動に移していきましょう。
そうすれば、また同じような負の感情がわき上がってきても、今度は上手く解消できるようになっているかもしれません。

宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎さん(京都カウンセリングラウンジ)

Share

関連するその他の記事

「マスク熱中症」の不安 暑い、息苦しい夏場のリスクや予防法は

気温が高い中、マスクを着用することで熱中症のリスクは高まるのでしょうか。新型コロナウイルスの感染と熱中症、両方の予防を行う方法とは。内科医の大西勝也さんに聞きました。

大西勝也

大西勝也さん

健康について一緒に考える心不全治療のプロ

マスク内の呼吸は酸欠状態?精神や肉体活動の低下を防ぐ方法とは

新型コロナウイルスの影響で、マスクを着用しての生活が余儀なくされていますが、マスクを着用することで、酸欠状態に陥り健康状態を害している可能性があるようです。この機会に、酸欠解消に呼吸法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

初診でも「オンライン診療」が可能に 遠隔診療は日本の医療が変わるきっかけになるのか

4月13日から特例として、感染流行期間に限り、初診時のオンライン診療を解禁しました。新型コロナウイルスをきっかけに、日本でもオンライン診療が広がるのでしょうか。遠隔医療システムなど、医療のICT環境に詳しい嗣江建栄(しえけんえい)さんに聞きました。

嗣江建栄

嗣江建栄さん

遠隔医療で世界を変えるICT企業代表

コロナウイルス対策に必要な衛生管理と自己鍛錬による免疫強化

猛威を振るっている新型コロナウイルス。体内へのウイルス侵入を最小限に抑えるための対策方法を紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す