マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう) / 心理カウンセラー

京都カウンセリングラウンジ

コラム一覧:教育・子育て

RSS

どうして我が子を虐待してしまうのか? ~虐待する親の心理(無意識の中)にあるもの~

2019-11-25

我が子を否定するということは、自分自身を否定するのと同じです。男性(精子提供者)の場合はあまり実感がないかもしれませんが特に女性(母体)は自分の体から産まれた、いわば分身のようなものですからそ...

働き方改革と並行するように、今こそ時代に合った教育改革を ~学歴社会が人類の発展を阻む結果に~

これは私昔から思ってたのですが今のこのご時世、世には様々な知識や情報が豊富に溢れていてちょっと調べれば何でも分かるような時代です。そんなすぐわかるような知識をいちいち個人が一から勉強しなくても...

性教育の課題 ~性の問題を真面目に考え、向き合う~

2019-04-25

性教育の問題はどのように教えるか、どのように扱うか難しいところですが学校教育で教える場合には、性教育として単独で教えるのではなく生物学の一部として、その延長上として関連して教えていけば良いと思う...

生徒が授業に集中してくれる「教員採点法」 ~人を評価するには集中力が必要になる~

2019-04-22

塾の講師や学校の先生(教師)など、医師でも良いのですが学生(または患者)が先生を評価するシステムを導入すれば生徒のモチベーションも上がって授業(診療)に集中してくれるのではないでしょうか?医療...

子供の食べ物の好き嫌いはなぜ多い? ~無理に食べさせようとして苦労しない~

2019-04-11

子供の食べ物の好き嫌いが多くてお悩みの親御さんも多いと思います。好きなものしか食べない。嫌いなものは徹底的に残す。何とか食べさせようとしても食べてくれない。子供のために良かれと思ってやってる...

子どもにとって親の存在はなぜうっとうしいのか? ~親子関係から人間関係への成長~

2019-03-07

なぜ親は段々子どもからうっとしがられるようになるかわかりますか?親はいつまで経ってもずっと変わらないからです。変わろうとしない。子どもは幼い小さい頃から成長していきます。反抗期から思春期、そ...

子どもたちにエンターテイメントを提供するための、アミューズメントパークの提案

2019-02-25

フジテレビの「逃走中」というバラエティー番組が小学生を中心に大人気です。制限時間内をハンターと呼ばれる追っ手から逃げ切るサバイバルゲームでいわゆる鬼ごっこの大人バージョンといえばわかりやすいで...

考える力が養われない、現代教育の問題点 ~コラムの最後で学習障害と場面緘黙について触れています~

2018-11-16

学校や塾で勉強する(学習する)教育法では、考える力が身につかないと思います。ものを覚えるだけの教育で、教えられたことを理解しているか確かめるだけの人が生きていく上で何の意味もない(考えることにつ...

お子様の知育に良い影響を与えるアイテム(ツール)のご紹介

2018-09-25

お子様の知育に良い影響を与える方法としてピアノやそろばんなど習い事の教室に通わせるという方法がありますが今回は比較的お金をかけず、ご家庭で簡単にできる方法をご紹介いたします。知育に良いといって...

勝ち負けにこだわる社会人を生む教育 ~スポーツの世界に落ちこぼれはいらないは間違い~

2018-06-28

プロの場合は話が違います。プロの選手やプロを目指してる方なら話は違ってきますが学校の部活や体育など学びとしてのスポーツの場合は能力の高い子だけが活躍すれば良いのではありません。運動が苦...

大人だけじゃない!深刻な学生世代の過労問題

2018-01-16

残業や過労死など、長時間労働の問題が言われ続けてますが実はこの問題は大人社会だけの問題ではなく学生たちの間でも深刻な問題になっているのはご存知でしょうか?学業に部活(クラブ活動)に、早朝か...

子供は何を見て育つか? ~子育て論で子育てをしてはいけない~

2018-01-10

子は親を見習うというのはご存知でしょうか。親の背中を見て育つとも言いますね。何でこの子は言うことを聞かないのか、自分のしつけや教育が悪いんだろうかと子育てや接し方が間違ってるように思われる...

支援学級と普通学級の児童が同じ教室で学ぶ事について

学校教育において、支援学級と普通学級の児童を同じ教室で学ばせようとする取り組みが広がってますが学校というものが勉強(学問)を教える事を主眼においてる限りこの試み(共生が可能かどうか)は極めて...

ケンカの絶えない親子関係の意識改革 ~子供の口答えを利用して子供の知恵を磨く~

2017-05-10

子育て中の親御さんにとっては、子供に何を言っても反抗(口答え)ばかりして聞いてくれませんし何とかして言い聞かせようと頭を悩ませてる方も多いのではないでしょうか?子供にも意地やプライド、自尊心...

親が子供の才能を奪ってしまうケース ~周りの環境が成長の限界を決めてしまう~

2016-10-15

必ずしもそうだとは言えませんが、親や周りの大人が頭の悪い発言(会話)をしていると子供も同じように育ってしまいます。例えば博士や教授といった、知識人や研究者が集まるような集団(環境)の中では...

この専門家が書いたJIJICO記事

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

2019-10-11

実は秋から冬にかけての季節の変わり目に精神的に不安定になり、気分が落ち込む人は少なくありません。どのようなメカニズムでそのような状態になるのか、秋の不調の予防や対処の仕方について心理カウンセラーの宮本章太郎さんにお話を聞いてみました。

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

2018-12-14

吃音は社会の理解が進んでおらず、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多い言語の症状です。子どもの場合、学校でからかわれいじめに発展することも。吃音の症状や当事者が求めるケアと接し方について専門家が解説。

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

2018-08-18

不機嫌な人が一人でもいると場の空気が悪くなり、パフォーマンスの低下にも繋がります。そこで上機嫌と関連が深い「お笑い」の要素を例に、上機嫌を保つためにはどうすれば良いのかを心理学の観点から解説していきます。

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

2018-07-17

京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

2018-06-14

依存症は生活習慣病と同じように“習慣の病気”です。ギャンブル、アルコール依存症のように、良くない習慣を断つにはどうすればいいのでしょうか?依存しないための心構えを解説しています。

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

2018-05-13

大型連休が終わり、日常生活に戻る中で体調やメンタルに不調を感じる人が増えています。連休疲れや春バテから脱却するために、うまく気持ちを切り替える方法を解説しています。

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

2018-04-02

生活の質が高い都市ランキングが話題になりました。私たちはどのような都市に住めば心豊かな暮らしができるのか?心理学の観点から考えると、物理的な場所そのものよりも「心の居場所」のあり方が重要です。

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

2018-03-12

嫌な事やつらい経験はいつまでも記憶に残るものです。どうすれば早く忘れられるのか?記憶のメカニズムを応用した方法をご紹介いたします。

「うつ」への無理解を乗り越えるために大切なこと

「うつ」への無理解を乗り越えるために大切なこと

2017-10-08

うつ病は見た目にはわかりにくい脳の病気です。周囲の無理解に苦しむ人は孤独に治療を続けるしかないのでしょうか?心理カウンセラーが解説します。

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

2017-08-04

長時間労働による過労自殺が問題になる中、職場でのメンタルヘルス対策は急務となっています。心の病に対する偏見も多い中、メンタル不調者への適切な対応とは。

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

2017-05-29

誰から責められているわけでもないのに、すぐ自分は悪くないと自分の正当性を主張する「私は悪くない症候群」と言われる人がいるそうです。私は悪くない症候群の人が増える要因とその対策について解説しています。

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

常にスマホをいじっているような人はストレス状態にあるそうです。情報が気になって仕方がないため、ついスマホをいじってしまうのはわかりますが、ではどうすればストレス状態から脱却できるかについて解説します。

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

2017-02-15

ミスが続くとどうしてもイライラしたり落ち込んだりしてしまうものです。そんな負の感情がわき上がってきたときはどうすれば良いのか?認知行動療法を活用した解消法をご紹介致します。

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

2017-02-13

近年イジメの暴行・傷害事件が増え、一つひとつのイジメが深刻化したように感じます。イジメが深刻化するようになった背景と、イジメが深刻化してしまうのを防ぐ対策を解説します。

疲労と密接な脳と自律神経の不調 回復させるにはどうすれば良いか?

疲労と密接な脳と自律神経の不調 回復させるにはどうすれば良いか?

いくら休んでも疲れが取れない。そんな慢性的な疲労感は自律神経の不調と脳が原因だったのです。疲れを感じるメカニズムの解説と、具体的な疲労回復方法を紹介します。

宮本章太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-432-0901

 

ご予約、お問い合わせ、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎

京都カウンセリングラウンジ

担当宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

地図・アクセス

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-12-12
rss
ブログ
2019-12-13
youtube
YouTube
2019-01-04
facebook
Facebook