まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

宮本章太郎プロのご紹介

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(1/3)

宮本章太郎 みやもとしょうたろう

悩みは第三者に話すことで、心が軽くなることもあります

 京都・上京区内、伝統の残る西陣の一角にある静かな佇まい。「京都カウンセリングラウンジ」の宮本章太郎さんがさまざまな悩みに耳を傾けます。「まず、相談者のお話をじっくりお聴きします。身内でも友人でもない第三者に話を聴いてもらうということで、心がふっと軽くなる。これが大切なことだと思うんですよ」
 宮本さんの姿勢は「とにかく話を聴くこと」です。「悩みを抱えている方は目の前のことしか見えていないんですね。特に人間関係での悩みはそうです。一人で抱え込むことによって、新たな悩みが生まれることもあります」
話を聴きながら「こういう考え方、こんな違った見方もありますよ、と気付いていただくことが大切なのです」と言う宮本さん。「そこからまったく違う世界が見えてくることがあるからです」

 宮本さんが定義する「悩みの最終段階」とは、何をどうしていいのかわからなくなること。心がぐちゃぐちゃになり「もうどうすればいいのか」判断できなくなる状態です。「もともと何で悩んでいるのかさえ見失ってしまうこともあります。だからこそ自分の今の気持ちを話していくことで1つひとつ整理していく。ゆっくりでもそのプロセスから自分なりの答を見つけていきましょう、ということなんです」
 カウンセリングは「問題解決の場ではない」と言う宮本さん。問題解決に立ち向かっていける「心」をスタート地点に置けるようにすること。それがカウンセリングの役割だと言います。

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share