マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう) / 心理カウンセラー

京都カウンセリングラウンジ

コラム一覧:仕事・生活・ビジネス

RSS

人手不足を解消するための雇用改革 ~人材の獲得は待つから創出する時代へ~

2019-11-13

今のこの時代、求人や人材募集において個人の能力(スキル)や学歴、キャリアを重視して採用するのはもはや時代遅れの採用方法と言えるでしょうか。人手不足人手不足と言われる時代でもありますしただ募集を...

集客における、距離の問題を解消するために必要なこととは?

2019-10-07

集客方法

人は遠くからでもやって来ます。では一体何のためにやって来るのかと言いますと“叶えるため”なんですね。夢でも良い、欲望でも良い。何か目標や目的を叶えるために遠路はるばる人は現地に赴くのです。そ...

あなたが仕事で失敗してしまう要因はコミュニケーション不足にある

2019-09-04

皆さん仕事で何か失敗したときというのは自分の責任だったり失敗した本人の問題だと思ってませんか?もちろん失敗した人に責任はあるのですが人が失敗する原因はその人一人だけの問題ではありません。確か...

下火になった自社製品やサービスを再燃させるためのコツ

2019-08-29

例えばビジネスにおいて客足が遠のいてしまった場合もう客足が戻ってくることはないのでしょうか?このまま諦めるしかないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。たとえ惰性であってもビジネス(...

経済を活性化したければ従業員の平均収入をアップさせること

2019-07-04

老後資金が2000万円以上必要だという「2000万円問題」が話題になってますが正直2000万円どころか、いくらあってもお金が足りることなんてありません。数字に振り回されて何をそんなに騒ぎ立ててるのか私には理...

面倒くさがりだからこそオススメ!苦手な人でも簡単にできるマネー管理術

2019-04-19

マネー管理が苦手で、常に資金不足に悩まされ生活困窮にあえいでいるという方も多いでしょう。お金がないのにギャンブルに費やしたりどこからそんなお金を捻出できるのかと不思議に思いますが金遣いの荒さや...

働き方改革の前に、職場の雰囲気作りで社内の活性化を図りましょう ~社内活性化によるメリットとは~

2019-03-18

働き方改革

社会は働き方改革と言われ、コンビニの24時間営業についても見直しを迫られるくらい職場のメンタルヘルス対策も重要になってきています。企業としては働き方への改革も必要ですがまずは職場内で誰でも気軽に...

組織の中では誰に愚痴や不満を言うのが得策か

2019-01-24

皆さんは会社や職場で何か訴えたいことがあるときに自分に近しい言いやすい人に話をすると思いますがこのように自分の言いやすい人に話すよりも組織の中で発言力のある人に言うほうが効果的です。発言力のあ...

その保険、何となくで入ってませんか?なぜ保険へ加入する必要があるのか? ~保険制度は経済を支え、人の命を守る社会事業~

2018-12-30

生命保険や損保などの保険業界は、加入者が病気やケガ、事故や災害などに一切遭わなければそれがまるまる儲けになります。つまり保険適用事例が多ければ多いほど損失に繋がるわけですね。保険制度を維持でき...

企業に大迷惑!就職詐欺という名の若者の逃亡劇 ~社会的損失で大きな被害に。悪質な場合は法的手段も必要か~

2018-11-20

なぜ若い人はすぐ逃亡するのでしょうか。もちろん皆が皆ではありませんが何かちょっとでも嫌なことやしんどいことがあったら無断で姿をくらまします。そういう若い人がほんとに多いです。ちなみにカウン...

日本企業の実情に合わないメンタルヘルス対策への課題

今や企業もメンタルヘルス対策が必要だと言われてますけどもメンタルヘルスの重要性に気づいて力を入れている企業でもなければやはり多くの一般企業や義務だからとりあえずやってるような企業にとっては本気で...

人権があなたの心と権利を守ってくれる ~人権による後ろ盾と人権の尊重~

2018-05-16

上司や先輩、年功序列とか関係ありません。それ以前に人には基本的人権があるのです。相手が目上の人であっても人権を無視した要求に対して何でも素直にそのまま言いなりになる必要はないんです。主...

心理学をビジネスマインドに応用すれば、物が売れる仕組みも簡単に理解出来る

2018-01-30

経済など物が売れる仕組みは、ほとんどはイメージなんです。つまり実際商品やサービスの内容よりも、人はイメージによって最終的な意思決定をしてしまうんですね。ですからイメージ戦略に力を入れれば物や...

人事採用のシーンに活かせる、会社にとって戦力になる人と足を引っ張る人の見分け方

2018-01-23

会社にとってどういう人が戦力になってくれるのか?人事部門の方は人を見極める力が必要です。昨今は人材不足だと言われており、募集をかけてもなかなか人が来てくれずどこの業界も手を焼いてるような状...

顧客満足はまず職場から ~従業員への待遇によって職場も企業も活性化する~

2017-11-07

人は褒められたり感謝されたり人に認めてもらうと、もっと期待に応えようと力を発揮出来るものです。しかし言いたい放題言われっ放しで普段の努力も報われなければいくら頑張ろうとしても力を発揮する事が...

この専門家が書いたJIJICO記事

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

秋の憂うつ。気分が乗らないときは「○○すべき」の気負いに注意

2019-10-11

実は秋から冬にかけての季節の変わり目に精神的に不安定になり、気分が落ち込む人は少なくありません。どのようなメカニズムでそのような状態になるのか、秋の不調の予防や対処の仕方について心理カウンセラーの宮本章太郎さんにお話を聞いてみました。

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

2018-12-14

吃音は社会の理解が進んでおらず、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多い言語の症状です。子どもの場合、学校でからかわれいじめに発展することも。吃音の症状や当事者が求めるケアと接し方について専門家が解説。

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

不機嫌にならず上機嫌を保つ方法は?寛容・笑顔・褒めることがポイント

2018-08-18

不機嫌な人が一人でもいると場の空気が悪くなり、パフォーマンスの低下にも繋がります。そこで上機嫌と関連が深い「お笑い」の要素を例に、上機嫌を保つためにはどうすれば良いのかを心理学の観点から解説していきます。

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか

2018-07-17

京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

「良くない習慣」を断つにはどうすればいい?依存しない心の作り方

2018-06-14

依存症は生活習慣病と同じように“習慣の病気”です。ギャンブル、アルコール依存症のように、良くない習慣を断つにはどうすればいいのでしょうか?依存しないための心構えを解説しています。

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

連休も終わり日常へ。うまく気持ちを切り替えてやる気を出すには

2018-05-13

大型連休が終わり、日常生活に戻る中で体調やメンタルに不調を感じる人が増えています。連休疲れや春バテから脱却するために、うまく気持ちを切り替える方法を解説しています。

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

生活の質が高い都市、東京は世界で50位に。「心豊かな生活」とは?

2018-04-02

生活の質が高い都市ランキングが話題になりました。私たちはどのような都市に住めば心豊かな暮らしができるのか?心理学の観点から考えると、物理的な場所そのものよりも「心の居場所」のあり方が重要です。

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

「嫌な事」を忘れるには?つらい記憶を癒す方法

2018-03-12

嫌な事やつらい経験はいつまでも記憶に残るものです。どうすれば早く忘れられるのか?記憶のメカニズムを応用した方法をご紹介いたします。

「うつ」への無理解を乗り越えるために大切なこと

「うつ」への無理解を乗り越えるために大切なこと

2017-10-08

うつ病は見た目にはわかりにくい脳の病気です。周囲の無理解に苦しむ人は孤独に治療を続けるしかないのでしょうか?心理カウンセラーが解説します。

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

職場でのメンタルヘルス対策は急務!企業がすべきことは?

2017-08-04

長時間労働による過労自殺が問題になる中、職場でのメンタルヘルス対策は急務となっています。心の病に対する偏見も多い中、メンタル不調者への適切な対応とは。

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

周りに迷惑をばらまく非常識な「私は悪くない症候群」の人たち

2017-05-29

誰から責められているわけでもないのに、すぐ自分は悪くないと自分の正当性を主張する「私は悪くない症候群」と言われる人がいるそうです。私は悪くない症候群の人が増える要因とその対策について解説しています。

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

いつもスマホをいじっている人はストレス状態にある?

常にスマホをいじっているような人はストレス状態にあるそうです。情報が気になって仕方がないため、ついスマホをいじってしまうのはわかりますが、ではどうすればストレス状態から脱却できるかについて解説します。

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

イライラやくよくよなどのわき上がる負の感情をどう解消するか?

2017-02-15

ミスが続くとどうしてもイライラしたり落ち込んだりしてしまうものです。そんな負の感情がわき上がってきたときはどうすれば良いのか?認知行動療法を活用した解消法をご紹介致します。

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

2017-02-13

近年イジメの暴行・傷害事件が増え、一つひとつのイジメが深刻化したように感じます。イジメが深刻化するようになった背景と、イジメが深刻化してしまうのを防ぐ対策を解説します。

疲労と密接な脳と自律神経の不調 回復させるにはどうすれば良いか?

疲労と密接な脳と自律神経の不調 回復させるにはどうすれば良いか?

いくら休んでも疲れが取れない。そんな慢性的な疲労感は自律神経の不調と脳が原因だったのです。疲れを感じるメカニズムの解説と、具体的な疲労回復方法を紹介します。

宮本章太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-432-0901

 

ご予約、お問い合わせ、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎

京都カウンセリングラウンジ

担当宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

地図・アクセス

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-12-11
rss
ブログ
2019-12-11
youtube
YouTube
2019-01-04
facebook
Facebook