まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

宮本章太郎プロのコラム一覧:仕事・生活・ビジネス

上司や先輩、年功序列とか関係ありません。それ以前に人には基本的人権があるのです。相手が目上の人であっても人権を無視した要求に対して何でも素直にそのまま言いなりになる必要はないんです。主従関係や師弟関係であってもまず人権があっての人間関係ですから理不尽な要求に対し...

経済など物が売れる仕組みは、ほとんどはイメージなんです。つまり実際商品やサービスの内容よりも、人はイメージによって最終的な意思決定をしてしまうんですね。ですからイメージ戦略に力を入れれば物やサービスは売れますし実用性(価値)が伴わなくても満足するのが人の心理です。...

会社にとってどういう人が戦力になってくれるのか?人事部門の方は人を見極める力が必要です。昨今は人材不足だと言われており、募集をかけてもなかなか人が来てくれずどこの業界も手を焼いてるような状態だと聞きます。とにかく人手が必要だからと誰かれ構わず安易に採用する訳にはい...

人は褒められたり感謝されたり人に認めてもらうと、もっと期待に応えようと力を発揮出来るものです。しかし言いたい放題言われっ放しで普段の努力も報われなければいくら頑張ろうとしても力を発揮する事が出来ません。言うだけ言って命令(指示や指図)ばかりしてせっかく頑張っても感...

一昔前はしんどい思いをしてペダルを漕いでた自転車ですが近年は電動アシスト自転車が普及し、坂道やお子様を乗せての乗車もずいぶん楽になりました。とはいえ未だ容易に買える値段ではなく、充電コストもかかる上に充電機部分も重いので走行以外の性能はまだまだ改善の余地があると言える...

私たちの経済は健康が支えてるといっても過言ではありません。例えばペストやコレラが蔓延してる社会を想像してみてください。殆どの人が寝たきり状態の社会を想像してみてください。あるいはうつ病やうつ状態で人々が何の意欲も気力もない社会を想像してみてください。このように健康...

特に京都に在住の若い方で引きこもりや不登校など、何らかの理由で就業してない方向けのサポートとして若者の就労支援制度があるのはご存知でしょうか?就職活動と言えば、一昔前なら職安(ハローワーク)の利用が一般的で近年はインターネットの就職サイトを介したりフリーペーパーに...

政府が働き方改革を提唱して推進しています。企業も働き方改革に向けて取り組んでいるようですが資金的にも人材面でも余裕がなく、なかなか具体的な改革に繋がっていないのが現状のようです。働き方改革の一環で思い当たるのがプレミアムフライデー(プレ金)ですがプレ金や政府が推し...

もはやこの時代、これからの時代人事や就職、あるいは入試や資格試験などのシーンにおいて学歴や知能指数によって人を選ぶような採用方法を見直すべき時代に来ているのではないでしょうか。世の中には優れたスキルを持ち合わせていても学歴によって活躍の場を制限される人も多くせっ...

認知症の症状については様々な心配事があると思いますが何が認知症の症状なのか疑わしい時は、次の項目を参考にしてみてください。例えば何か思い出せなかったりもの忘れをするような事があってもそれがすなわち認知症なのではありません。小さい子供や認知症でない人でも、すぐに思い...

おせちといえば新年のお祝いや縁起物として作られるというのもありますが昔はどこもお正月にお店がやってませんでしたから食事に困らなくても良いように食べ物を作り置きしておいて数日間持たせるための知恵と工夫でもあったわけです。しかし時代の変化とともにおせちの担う役割も変化し...

年末といえば大掃除の季節ですが、いざ始めようと思っても何から手を付けて良いのかなかなか着手出来ずに結局大晦日になってバタバタするといった方も多いのではないでしょうか?何かキッカケでもあると行動を起こしやすいのですがしなければいけないと思ってるだけではなかなか行動に移せ...

接客業、サービス業を営む上でまず立ちはだかるのは何と言ってもお客様の苦情(クレーム)ではないでしょうか?クレーム対応は人を相手にする商売には必ず付いて回る切っても切り離せない問題でこのクレーム対応がいい加減だと商売は成り立ちませんし対応の仕方によって顧客離れを減らし...

待機児童の問題が社会問題になってますが私がこれからの社会に、しかもそう遠くない未来に起こる社会問題として懸念しているのが介護を受けたくても受けられない、施設に入所したくても入所出来ない待機児童ならぬ、介護施設への入所待ちによる「待機老人」の問題です。既に介護難民なる...

何か答えるだけで特典がもらえるアンケート調査の集計結果を見てそれをそのまま信用してしまうのは間違いです。確かに参考にする程度ならそのまま信用しても特に問題はないんですが例えば特典付きのアンケートだと、特典目当てに相手の期待に応えるような答え方をしていたり質問に対する...

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-21
rss
ブログ
2018-08-21
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook